今月の月刊新松戸

ブログ

No.59 ぐんと絆が深まったことを自覚した私だった

私が住んでいるのは、「サービス付き高齢者向け住宅」と呼ばれているところ。 先日、コロナ禍で久しく休止していた入居者の運営懇談会が開かれた。 この懇談会で、勝手に立ちあげた「原っぱ」プロジェクトの進行状況を説明し なくちゃ …

今月の月刊新松戸2021年4月号

はじめまして  文・写真/松田 由理恵 この度、個展のご縁で編集室より依頼を受け、 思いがけなく「月刊新松戸」の表紙を パッチワークの作品で飾ることになりました。 よろしくお願いいたします。 私が初めてパッチワークと出合 …

2020年12月〜2021年1月/松戸周辺のイベント情報

■「写真塾 フォトカフェ流亭写楽」 8年の歩み 写真家・松尾次郎さんが主宰する「写真塾フォトカフェ流亭写楽」の8年間の歩みを、松尾さんや塾生の作品とともに紹介する展覧会が、流山の杜のアトリエ黎明で開かれます。12月2日( …

2020年11月〜12月/松戸周辺のイベント情報

■開館30周年特別企画「日本の鳥」収蔵標本公開 我孫子市鳥の博物館で、収蔵標本を一堂に公開する「日本の鳥―収蔵標本公開」が開かれています。開館して30年、日本産鳥類全種(633種)のはく製標本収蔵を目標に資料収集を進めて …

今月の月刊新松戸2020年6月号

                                        古墨の幽玄さ 今月は「墨」にスポットを当てました。随分と風変わりな形をしていますが、 これは古墨といって清朝時代に造られ …

58)子供も大人も

新型コロナ対策で、なにかと不自由な毎日をお過ごしかと思います。こんな時こそ、家族 そろって絵本の世界で遊んでみてはいかがでしょう? 子供たちは絵本が大好きです。そして、お父さん、お母さんに読んでもらうのが大好きです。今月 …

4月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」 踏み締める正丸峠の忘れ霜       佐藤 春生 鋤起こす鍬の手応え春浅し       吉沢緋砂子 晩鐘の余韻こもりし山辛夷       鈴木 翠葉 雲雀鳴く空の青さをさがしおり     勝  太郎 花を …

No.44 なのに、ウイルスとは…

新型コロナウイルス?  へ~っ、コウモリ発の病原菌…?  と、ほんの数カ月前には、中国の武漢で起きた状況を 対岸の火事のように見ていた。 ところが、あれよ、あれよ、のまに 世界中の人たちが、み~んなこの災難に巻き込まれ、 …

今月の月刊新松戸2020年1月号

表紙絵:21世紀の森と広場 表紙の絵と文/近藤 賢一 伊豆箱根旅行 明けましておめでとうございます。 3章「山陽・山陰旅行」の次は、新婚旅行で行った所をもう一度、 の旅である。30数年前、アメリカではなく伊豆半島の東海岸 …

2020年1月〜2月/松戸周辺のイベント情報

■柏市北西部「新春ウォーキング(福)巡り」 柏の葉ウォーキングクラブによる新春ウォーキングが行われます。新年の開運を祈願しながら、5つの寺院と4カ所の香取神社をめぐる最長約13㎞のコース。それぞれの体力に合わせて9㎞地点 …

月刊新松戸10月号

「秋の気配」  画・エッセイ/藤本 良毅 そろそろ秋の気配が濃くなってきました。 じつは秋は夏の間にやってきているが、 誰も気がつかないだけなのだ……と、 誰かの文章にありましたが(太宰治だったかな)、 そう言われるとそ …

月刊新松戸10月号

                          撮影:稲葉 清 月刊新松戸 2014年 …

今月の月刊新松戸2023年1月号

                                  われらの世界展へ 年末に、生活工房がある成田市で工房主催の展覧会「われらの世界展」を開催しました。 これは、工房の作家の作品を一堂に集めたもので、毎年年 …

1月の俳句・短歌・川柳 ・詩

■俳諧「奴凧」 大菩薩峠の茶店紅葉映え           佐藤 春生 おしよせる追憶の波夜長かな         吉沢緋砂子 ひと隅をひたと照らして冬日去る       鈴木 翠葉 華やかにけやき紅葉のグラデーション  …

No.78私はなにに反逆し続けてきたんだろうなあ

白い雪を冠り、なんだか初々しい山々を眺めながら思った。 ここに来て、5年も過ぎちゃったんだなあ、と。 思えば、私は、人からよく「どうして、ここへ?」と訊かれたりする。 けれど、本人の自分にもよく分からない……。 分からな …

2023年1月〜2月/松戸周辺のイベント情報

■第9回新松戸Plus「矢切から舟で渡って帝釈天へ」(雨天中止) 2023年初の「新松戸Plus」は、鏝絵こてえが残る下矢切の鎮守、矢切神社にお参りして、伊藤左千夫の名作「野菊の墓」文学碑へ。矢切ねぎの畑で農家の方にお話 …

12月の俳句・短歌・川柳 ・詩

■俳諧「奴凧」 堀に浮く桜紅葉や亀が愛で          佐藤 春生 秋蒔きの畝ととのえし老いの鍬        吉沢緋砂子 わが旅路一走一景冬近し           鈴木 翠葉 貨物車に線路のすすき首を振り     …

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 別冊!月刊新松戸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.