今月の月刊新松戸
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 俳句

俳句

7月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」 炭火焼岩魚に山女上州路        佐藤 春生 君だけと恋を仕掛けて夏の蝶      吉沢緋砂子 木耳のてらてら震える忍び雨      鈴木 翠葉 万緑に己が心の小さきこと       島村小夜子 気遣 …

6月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」 武蔵野の電車を写す植田かな      佐藤 春生 庭の角(すみ)一株だけの茶摘みかな   吉沢緋砂子 峠路を下(お)りて植田の水ひかり   鈴木 翠葉 万緑やどさりと吾を預けたし      島村小夜子 春 …

5月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」 難台山幸多かれと初音聞く         佐藤 春生 うす紙にそっとくるみし桜貝        吉沢緋砂子 灌仏会僧侶の鼻緒の白きかな        鈴木 翠葉 花吹雪風とたわむれ空を食む         …

4月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」 海を見る長谷の菩薩や梅薫る       佐藤 春生 粗忽なる我に灸する座禅草        吉沢緋砂子 実という実食べ尽しては鳥帰る      鈴木 翠葉 にぎやかに隣の日だまり蕗の薹      島村小夜 …

3月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」 外苑よりダイヤモンド富士春立つ日   佐藤 春夫 まどろめば犬がすりよる日向ぼこ    吉沢緋砂子 南南東恵方の神や春浅し        鈴木 翠葉 春浅し男波たつ日本海         島村小夜子 南国 …

2月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」 初登山高尾で祈る山の無事       佐藤 春生 神妙に鐘一つ突く初詣         吉沢緋砂子 艶やかなきものに注ぐ初日かな     鈴木 翠葉 新年や喜怒哀楽を包み込む       島村小夜子 年一 …

1月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」 踊り子の河津七滝帰り花           佐藤 春生 枯れ際もなほ光りつつ尾花かな        吉沢緋砂子 枯草の蓑をまといし石佛           鈴木 翠葉 凩や巷の憂さを蹴りあげる       …

12月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」 収穫の喜び祝う文化の日        佐藤 春生 想い出は手に持てるだけ十三夜     吉沢緋砂子 一枚の天は紺色蕎麦の花        鈴木 翠葉 大空に網を打ちたや鰯雲        島村小夜子 唐辛 …

11月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」 奥日光紅葉の山を写す湖(うみ)    佐藤 春生 子等の声天に突き抜け運動会     吉沢緋砂子 風の神鎮めて踊る風の盆       鈴木 翠葉 落鮎をがぶり喰いたし旅心      島村小夜子 肩先に旧知 …

10月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」 初秋や雲速さ増す八ヶ岳      佐藤 春生 朝顔や逢ひたい人にうす化粧    吉沢緋砂子 声のなき蝉を哀れみ水撒きぬ    鈴木 翠葉 吊革に体あずけん残暑かな     島村小夜子 服を替え気分変えても …

« 1 7 8 9 »
PAGETOP
Copyright © 別冊!月刊新松戸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.