ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 俳句

俳句

4月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」 あやめ咲く風露も見ごろ奥日光     佐藤 春生 下向きに乙女心や茄子の花       吉沢緋砂子 梅雨闇や仏間の障子軋むなり      鈴木 翠葉 雨蛙あぐらかきたるつらがまえ     勝  太郎 あい …

7月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」 柚子若葉揚羽群がり喰いあさり     佐藤 春生 のぼり坂あびる至福の若葉風      吉沢緋砂子 風渡る藤のトンネル夢ごこち      鈴木 翠葉 父逝きて母の梅酒のほろにがさ     勝  太郎 新緑 …

6月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」 静かなる常陸の山に初音聞く       佐藤 春生 春雨にひそと出でてや蒔かぬ種      吉沢緋砂子 しずけさや虹一湾を跨ぎけり         鈴木 翠葉 花桃や濃い赤が良しと妻の云う       勝 …

5月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」 畦道を先ず咲き染める犬ふぐり     佐藤 春生 芋植うる音なき世界朝六時       吉沢緋砂子 佐保姫の色香ただよう蝶一羽      鈴木 翠葉 白木蓮天を指さすかたちなり      勝  太郎 恋々 …

4月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」 踏み締める正丸峠の忘れ霜       佐藤 春生 鋤起こす鍬の手応え春浅し       吉沢緋砂子 晩鐘の余韻こもりし山辛夷       鈴木 翠葉 雲雀鳴く空の青さをさがしおり     勝  太郎 花を …

3月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」 寒木瓜が咲いて華やぐ一軒家      佐藤 春生 凍てゆるむ雲よりそひて月さやか    吉沢緋砂子 繭玉や旧正月の宿場町         鈴木 翠葉 雪の中銀山温泉灯りつく        勝  太郎 酒旨 …

2月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」 初写真高尾山より白き富士       佐藤 春生 柚子湯には三つ浮かべて後はジャム   吉沢緋砂子 冬晴れや陣屋構えの蕎麦処       鈴木  …

1月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」 真っ白だ上越国境山眠る        佐藤 春生 はや師走植木ばさみの励む音      吉沢緋砂子 赤らんだ上弦の月冬隣り        鈴木  …

12月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」 涸沢や穂高を彩る紅葉かな            佐藤 春生 明け方は背のまるくなり冬近し          吉沢緋砂子 もののけの如きに白い帰り花           鈴木 翠葉 踏まれても鮮やかな紅もみ …

11月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」 紅葉に引かれて北へ栗駒山          佐藤 春生 彼岸花燃えつきるまで妖しげに        吉沢緋砂子 口取りにたったひとつの衣被         鈴木 翠葉 法師蝉そろそろ季節の変わり目か    …

1 2 3 6 »
PAGETOP
Copyright © 別冊!月刊新松戸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.