ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 俳句

俳句

今月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」   文化の日老若男女筑波山                佐藤 春生 ささやかな膳を引き立て十三夜             吉沢緋砂子 白銀の小鰯跳ねる地引網                鈴木 …

今月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」   煙吐く焼山背なにとりかぶと            佐藤 春生 待宵や手にも取りたきそのままを          吉沢緋砂子 置き去りの案山子夕焼酔いごこち          鈴木 翠葉 むら …

今月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」   鉄橋を渡る水面に盆の月        佐藤 春生 ほろ酔いや秋の静寂を胸に吸ひ     吉沢緋砂子 崩れ梁月も砕けて流れおり       鈴木 翠葉 看取り婦や明けて窓辺の虫の声     島 …

今月の俳句、短歌、川柳

  ◆俳諧「奴凧」   極暑の夜心和ます火星の灯          佐藤 春生 お待たせの赤ワインなる暑気払い       吉沢緋砂子 雨乞いの神は何処か宮灯り          鈴木 翠葉 現世(う …

今月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」   滝の音に励まし癒され沢の路            佐藤 春生 緑陰や坂の途中の情けなり             吉沢緋砂子 滝舞台シテ舞う如し揚羽蝶             鈴木 翠葉 男梅 …

今月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」   老鶯や長きひと鳴き谷渡り          佐藤 春生 ときめくや雨を感じて額の花         吉沢緋砂子 木下闇忍びの者か黒揚羽           鈴木 翠葉 鮎香るちさくも逸品酒す …

6月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」   米どころ植田に映る筑波山            佐藤 春生 一人酒ギヤマンの皿冷奴             吉沢緋砂子 小舟浮く水郷の里風かおる            鈴木 翠葉 卯の花のち …

5月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」   和紙の里東秩父に初音聞く          佐藤 春生 沈丁の香に誘われて路地に入る        吉沢緋砂子 庭の芹ひと箸づつや季節ときを食む      鈴木 翠葉 雪柳夭うた天女の忘れ物 …

4月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」 勝浦や寺も神社も雛の山            佐藤 春生 我が家には五十余齢(よさい)のひいな様     吉沢緋砂子 欅の芽この青空はきみのもの          鈴木 翠葉 水ぬるむ川面明るし隅田川   …

3月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」 凍滝を登る猛者有り奥久慈路       佐藤 春生 如月や師と呼ぶひとの忌に想う      吉沢緋砂子 てらてらと御神酒いただくどんど焼き 鈴木 翠葉 湯豆腐や根津の坂道細雪         島村小夜子 …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 別冊!月刊新松戸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.