ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 俳句

俳句

2月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」 白銀の赤城男体初景色          佐藤 春生 つれだって三ヶ所めぐる初詣       吉沢緋砂子 小太鼓のすこし遅れる里神楽       鈴木 翠葉 初詣みくじ結ぶや車椅子         島村小夜 …

1月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」 近江路や三井の晩鐘紅葉狩      佐藤 春生 年月が仲間ふやして万年青の実    吉沢緋砂子 ゆきずりの手描き友禅蔦紅葉     鈴木 翠葉 邪な恋に鋭き冬三日月        島村小夜子 雪だよりふる …

12月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」 岩間より染み出る水に紅葉映え     佐藤 春生 不揃いの畝も悦なり大根蒔く      吉沢緋砂子 枯蓮や古代戦の絵のごとし       鈴木 翠葉 生き過ぎもいいよと日々を秋日和    島村小夜子 大菊 …

11月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」   月山の神微笑んで秋日和             佐藤 春生 房総に荒波くだく今朝の秋            吉沢緋砂子 頬をつく白山颪や秋の暮れ            鈴木 翠葉 群青をわが …

10月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」   千畳敷千島桔梗にいやされて         佐藤 春生 今どきの老いの恋なる曼珠沙華        吉沢緋砂子 心(うら)悲し胡弓の音色風の盆       鈴木 翠葉 云いあひて心鎮めん白露 …

9月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」   谷川岳雷鳴響き下山の途            佐藤 春生 のの様を拝む小さき手盆の月          吉沢緋砂子 霊魂のひと日に還る蓮の花           鈴木 翠葉 熱帯夜疲れたよう …

8月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」 みちのくの旅を迎える合歓の花      佐藤 春生 額あじさい挿し木なれども艶あで姿    吉沢緋砂子 白波を蹴り上げ鴎夏の海         鈴木 翠葉 潮騒の遠く近くと貝風鈴         島村小夜 …

7月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」   田植時見上げる三山魚沼路            佐藤 春生 ひとり家の柔らに茂る柿若葉           吉沢緋砂子 拓本の白抜き文字や夏座敷            鈴木 翠葉 太公望自慢 …

6月の俳句・短歌・川柳

◆誹諧「奴凧」 秩父路の一人静や和紙の里           佐藤 春生 生れたて目玉ですがる蜥蜴(とかげ)の子     吉沢緋砂子 山里の昭和の景や鯉のぼり           鈴木 翠葉 若葉雨はずんで消えるガラス玉 …

5月の俳句・短歌・川柳

◆誹諧「奴凧」   釜の沢片栗一輪岩に映え             佐藤 春生 とびはねつ夢に向かひて入学児          吉沢緋砂子 山深き一軒宿の遅桜               鈴木 翠葉 風呼んでま …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 別冊!月刊新松戸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.