ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 俳句

俳句

今月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」 初音聞く常陸の里山石地蔵         佐藤 春生 川堤菜の花明り地平線           吉沢緋砂子 見得を張る写楽の暖簾桜の舞        鈴木 翠葉 桜餅行きかう人にかほりたて         …

今月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」 梅咲くや日光街道一里塚              佐藤 春生 東風吹けば胸の痛みもそぞろ溶け          吉沢緋砂子 雪解けや水琴窟の音頻り              鈴木 翠葉 梅東風や紅白にぎわ …

今月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」 安房の山急登に微笑む寒椿           佐藤 春生 熱燗や何から語るさしむかい          吉沢緋砂子 円空の粗削り仏や枇杷の花           鈴木 翠葉 滝凍ててするどき刃陽にキラリ  …

今月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」   初登山高尾の稜線水仙花             佐藤 春生 水仙や乱れて咲くをなだめ活け          吉沢緋砂子 雪化粧して年神様を迎えおり           鈴木 翠葉 女の座厨浄 …

今月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」 上総路や養老渓谷紅葉舞ふ               佐藤 春生 マフラーを高ぶる胸にゆるく巻き            吉沢緋砂子 野晒しの能の舞台や初の雪               鈴木 翠葉 柿落葉 …

今月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」   文化の日老若男女筑波山                佐藤 春生 ささやかな膳を引き立て十三夜             吉沢緋砂子 白銀の小鰯跳ねる地引網                鈴木 …

今月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」   煙吐く焼山背なにとりかぶと            佐藤 春生 待宵や手にも取りたきそのままを          吉沢緋砂子 置き去りの案山子夕焼酔いごこち          鈴木 翠葉 むら …

今月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」   鉄橋を渡る水面に盆の月        佐藤 春生 ほろ酔いや秋の静寂を胸に吸ひ     吉沢緋砂子 崩れ梁月も砕けて流れおり       鈴木 翠葉 看取り婦や明けて窓辺の虫の声     島 …

今月の俳句、短歌、川柳

  ◆俳諧「奴凧」   極暑の夜心和ます火星の灯          佐藤 春生 お待たせの赤ワインなる暑気払い       吉沢緋砂子 雨乞いの神は何処か宮灯り          鈴木 翠葉 現世(う …

今月の俳句 短歌 川柳

◆俳諧「奴凧」   滝の音に励まし癒され沢の路            佐藤 春生 緑陰や坂の途中の情けなり             吉沢緋砂子 滝舞台シテ舞う如し揚羽蝶             鈴木 翠葉 男梅 …

1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © 別冊!月刊新松戸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.