ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 俳句

俳句

11月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」   月山の神微笑んで秋日和             佐藤 春生 房総に荒波くだく今朝の秋            吉沢緋砂子 頬をつく白山颪や秋の暮れ            鈴木 翠葉 群青をわが …

10月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」   千畳敷千島桔梗にいやされて         佐藤 春生 今どきの老いの恋なる曼珠沙華        吉沢緋砂子 心(うら)悲し胡弓の音色風の盆       鈴木 翠葉 云いあひて心鎮めん白露 …

9月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」   谷川岳雷鳴響き下山の途            佐藤 春生 のの様を拝む小さき手盆の月          吉沢緋砂子 霊魂のひと日に還る蓮の花           鈴木 翠葉 熱帯夜疲れたよう …

8月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」 みちのくの旅を迎える合歓の花      佐藤 春生 額あじさい挿し木なれども艶あで姿    吉沢緋砂子 白波を蹴り上げ鴎夏の海         鈴木 翠葉 潮騒の遠く近くと貝風鈴         島村小夜 …

7月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」   田植時見上げる三山魚沼路            佐藤 春生 ひとり家の柔らに茂る柿若葉           吉沢緋砂子 拓本の白抜き文字や夏座敷            鈴木 翠葉 太公望自慢 …

6月の俳句・短歌・川柳

◆誹諧「奴凧」 秩父路の一人静や和紙の里           佐藤 春生 生れたて目玉ですがる蜥蜴(とかげ)の子     吉沢緋砂子 山里の昭和の景や鯉のぼり           鈴木 翠葉 若葉雨はずんで消えるガラス玉 …

5月の俳句・短歌・川柳

◆誹諧「奴凧」   釜の沢片栗一輪岩に映え             佐藤 春生 とびはねつ夢に向かひて入学児          吉沢緋砂子 山深き一軒宿の遅桜               鈴木 翠葉 風呼んでま …

4月の俳句・短歌・川柳

◆誹諧「奴凧」 まだ白き日光目指して鳥帰る         佐藤 春生 朗報を待ちゐる日々や春立ちぬ        吉沢緋砂子 いぬふぐり星の瞳か瞬きぬ          鈴木 翠葉 春ひかる珈琲豆挽くああ一人      …

3月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」 富士ながめ雪とたわむれ甲斐の山      佐藤 春生 黄水仙汚れを知らぬ美少年       吉沢緋砂子 ひとり居の障子開ければ小正月       鈴木 翠葉 名はふぶき山の廓の雪女郎         島村 …

2月の俳句・短歌・川柳

◆俳諧「奴凧」 初夢や行けども行けども着かぬ富士     佐藤 春生 楚々と咲く美人姉妹のシクラメン      吉沢緋砂子 初詣華ある齢を願いけり          鈴木 翠葉 初日の出肌も茜よ露天風呂          …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 別冊!月刊新松戸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.