今月の月刊新松戸
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 想定外の日々かもね

想定外の日々かもね

No.77 なぜか気分はすっきり、機嫌も上々…

那須に移住して5年が過ぎようとしている……と気づいて、なんだか私は呆然としている。 そして思った。その分だけ年齢を重ねてしまったわけだから、いろいろあってもしょうがないのよね、と。 なにがしょうがないか、というと、 今年 …

No.76とりあえず髪を切って、ぐっとモダンにしてみた。

久し振りに東京へ出掛けてみた。 コロナの七波が下火になりつつあるけれど、 年末年始が過ぎたら、また次の八波が襲ってくるらしい。 ならば、東京へ行くなら「今でしょっ」と、新幹線に乗ってしまったのだ。 目指すは、練馬区、豊島 …

No.75「褒められる」ってうれしいもんなんだなあ

原っぱでの人形劇の公演がついに終わった。 この指止まれ! の呼びかけに集まったシニア人形劇チームの面々が13人、 人形美術の制作にかかわった人たちを加えると、 わがサ高住の入居者仲間が20名以上……。 その他にも、原っぱ …

No.74原っぱでの公演日が刻々と迫っている

原っぱでの野外人形劇の公演日が刻々と迫っている。 部屋でぼんやりなどしてはいられない。 私は毎日、朝から原っぱに出掛けては、うろうろと歩きまわっている。 で、疲れたら客席のベンチに座って、つくりかけの舞台を漫然と眺めてい …

No.73 原っぱで初の野外人形劇の公演

8月末に原っぱで初の野外人形劇の公演を決行することとなった。 そう、サービス付き高齢者住宅の入居者たちで立ち上げた自主サークル。 こういうシルバー人形劇団というのは、たぶん、他にはないだろうなあと思う。 それが、私として …

No.72 着地した地で、思うまま、一人でシアワセに…

  今年も半ばを過ぎてしまった。 さすがに、私もいつまでも飛び跳ねるような生き方には終止符を打ち、 晩年の人生に落ち着きをもたねばならない、と思う。 けれど、一向に落ち着かない。 東京に家族などがいるせいか、想定外なこと …

No.71 が、しかし、されど二年だった

久し振りに東京に来た。 ゴールデンウィークもとうにすぎ、いつものごとく新幹線はがらがらではあったが、 大宮に着き、普通電車に乗り換えたとたん、私はくらくらしてしまった。 もう、人、人、人……で、ぶつかりそうな人の群れ、 …

No.70 ずっと平和ボケで来たのに

一年で一番美しい季節が訪れた、というのに……。 暗い、あまりに暗い。世界が……。 神経がざらついて、みながだんだんと虚無的になっていく。 にもかかわらず、まずいな、と思いつつ、中毒になったみたいに私はテレビを見てしまう。 …

No.69 おお、半世紀以上前!

東京の友人から、しばしば電話がかかってくる。 「元気にしてるの?」と聞かれ、 「まあまあよ」と答え、 「だったらよかったあ」と言われる。 いっこうにおさまらないコロナ禍の中で、シニアたちはみな、引きこもり状況 にあるらし …

No.68なんかいい感じだ。

人形劇の練習を始めることにした。 そう、いつも思いつきのようになにかを始めてしまう私だ。 そもそも、近所の空き地を借りて野外人形劇場をつくろうと思いついたのが、2年前のこと。 なんでそんなことを思いついたのか、今やそれも …

1 2 3 8 »
PAGETOP
Copyright © 別冊!月刊新松戸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.