ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 想定外の日々かもね

想定外の日々かもね

No.40 この宿題だけは、私はへっちゃら

「あれ、やった?」 「あっ、まだやっていない。いつ提出だっけ?」 そんな学生時代みたいな会話を交わしながら、 あいかわらずサ高住仲間と二人でヘルパー学校に通い続けている。 その彼女は私の3歳下。かろうじてのまだ60代。 …

No.39 これって、年寄りの冷や水?

ベッドメーキングの実習を体験した。 畳んだシーツをベッドに広げて、四隅で三角形を作って、 すばやくマットレスに挟み込み、ピシッと仕上げる。 そう、ピシッと。 どの布の端を持って、どっちの方向へ、どう引っ張るか、テクニック …

No.38 そう唐突に、蘇ってきたのだ。

今年は、とんでもない酷暑の夏だった。 それでも高原の夏は、朝晩だけは涼しかった。 家の窓も玄関も開け放して眠る解放感を存分に味わったし。 そこが、みんなで暮らすコミュニティのいいところよねえ、 と思うが、昔は都会でも夏は …

No.37人生はまだまだ油断ならないのかも…

私の東京の元家には、目下、息子の家族が住んでいる。 おかげで、かつて老父と私の二人で寂しく住んだその家は、 今や孫娘が3人にもなり、子育て世代の5人家族としてにぎにぎしく繁栄している。 私はそこを今や「実家」と呼び、時々 …

No.36 求められる「らしさ」から解放され…

シニアが寄り集まって暮らす場所の気楽さになじんでしまったせいなのか、 私は最近、なにかと「おバカ」なことばかりをやって周りにあきれられている。 たとえば、先日、朝、目覚めたとたんに、散らかりきった部屋をなんとかしようと思 …

No.35 彼が、やろうかな、とつぶやくと

あの山田さんが、那須で居酒屋をやった。 あの山田さんって、どの山田さん?と言われそうだけれど、 半年前、私がチームで出した介護の本の出版記念セミナーをやってくれた あの山田さんだ。 出会ったばかりで、ちょっと頼んだら、「 …

No.34 人生のリアリティには勝てない

那須から東京へ。 以前は、近い! 嬉しい! なんて思ったけれど、 新幹線に乗って人でごったがえす東京に出かけて行くのがおっくうになった。 とくに新緑へと向かうこの美しい日々をわずかでも見逃すのは、 私の人生の損失のような …

No.33 お金のかかったことは忘れることにしたのだった

パソコンが壊れた。 かつて私はパソコンが壊れるとパニックになった。 そのパニックを経験したあげく、とうとうパソコンを常時二台使うことにしている。 で、今回は思った。 もう一台あるって、やっぱりなにものにも代えがたい安心だ …

No.32 なんと一番わけの分からない存在は…

東京から那須に移住して一年が経過した。 去年の春にいきなりやって来て、慌ただしく夏を過ごし、秋を味わい、冬を乗り越え……。 どの季節も想像以上に変化に富み、わくわくする体験ではあった。 が、しかし、この移住の経緯に関して …

No.31 なんだかいい年になりそうだ

今年は、「がんばらない、急がない、転ばない」ということを心がけて生きていこうと思う。 というのも、どういうわけか、私は、これまでついついがんばって、 急いで、つんのめって生きてしまうタイプだったような気がするからだ。 い …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 別冊!月刊新松戸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.