ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 想定外の日々かもね

想定外の日々かもね

No.51 元祖フリーター気質は治らない

コロナウイルス問題で数か月前から仕事が激減。 元祖フリーターの私は、 会社というものに正規雇用されたことが人生で一度もないので、 年金がこころもとない。 つい長生きしちゃったりした時のために、 元気なうちはずっと地道に働 …

No.50 妙な時代に生き合わせたものだなあ

いきなりの残暑。 聞けば、どこもかしこも猛暑に次ぐ猛暑。 元住んでいた東京練馬の気温が36度とか38度とか。 あっけにとられているうちに、わがサ高住の周辺では、 すでにコスモスが咲き始めている。 ススキの穂も風に揺れ始め …

No.49「ある女性の夢を実現するために…」なんてテロップまで

サ高住のハウスのご近所にひょんなことで借りてしまった「原っぱ」。 そこで、なにげなく「原っぱ」プロジェクトなるものを立ち上げたら、 とんでもないことになっている! ここに野外劇場を作るとか、クローバーを敷き詰めて舞台にし …

No.47 チョー気分がよい一日だったのだ

国道4号線をごっついジープでブッ飛ばした! いや、ブッ飛ばした、というほどではないけれど、なんせオープンカー。 ビュンビュン風を受けて、さっそうとブッ飛ばしている気分。 運転していたのは、ほぼ同世代か、という男性。つまり …

No.46やぶれかぶれの無責任プロジェクト、はたして…

東京へ行けなくなって、4カ月にもなる。 そう、予想もしないことが起きて世界中の人がお出掛け不自由の身に。 ま、過疎地に住む高齢者の私は、 お出掛けが不自由でもどうってことはないのだけれど……。 それでも、芽吹きの季節から …

No.45 遠いコロナがだんだんこちらへ

私の住む、サービス付き高齢者住宅と呼ばれるコミュニティーは、 栃木県の那須町にある。 川を挟んだすぐお隣が福島県の西郷村。 そんな栃木県の北の果ては、 3・11の大地震で被害に遭い、 さらに原発事故のとばっちりで放射線量 …

No.45 なのに、ウイルスとは…

新型コロナウイルス?  へ~っ、コウモリ発の病原菌…?  と、ほんの数カ月前には、中国の武漢で起きた状況を 対岸の火事のように見ていた。 ところが、あれよ、あれよ、のまに 世界中の人たちが、み~んなこの災難に巻き込まれ、 …

No.44 人生で一番いい時を大事に生きよう…

夕暮れになると、西の森が赤く燃えたつ。 そのオレンジがかった色を背に、 葉を落としきった木々が それぞれの繊細な枝のシルエットを黒々と 際立たせて立ちつくす様子がなんとも美しい。 毎日眺めるこの夕暮れの一瞬の光景は、 見 …

No.43 家族バラバラ時代の「終活」はなかなかに難しく…

この冬は「冬眠」の予定だったが、その暇がない。 都会を捨てて地方に移住したのだから、 すこぶるのどかに日々が過ぎていくはずだと信じていたが、甘かった。 一年目は、三番目の孫娘が登場してきて、東京と那須を行ったり来たりで、 …

No.42じたばたすることになりそうな予感がする

衝動的に那須に引っ越して来て二度目のお正月を迎える。 昨日来たような気分なのに、もう、そんなにも……と、 あれこれ思い返していたら、しみじみしてしまった。 思えば、いきなり移住する、と告げた時、 息子から吐き捨てるように …

1 2 3 6 »
PAGETOP
Copyright © 別冊!月刊新松戸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.