今月の月刊新松戸
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 想定外の日々かもね

想定外の日々かもね

No.62 精神力だけでは自立した高齢者になれない

二度目の自粛期間が明けたら、お天気も回復してきて、 ここのところ上機嫌で暮らしている。 実は、首都圏にお出掛けして宿泊などしてくる度に、一週間ほど部屋に閉じこもって過ごす。 それが、ここのルールだ。 そう、私の住んでいる …

No.61 ところが、なんてことだろう!

人生は、時に思いがけない方向へと展開したりする。 それで、私は成りゆきまかせで生きればいいや、なんて思うようになった。 そんな私は、三十代の半ばに4歳の息子を連れてサーカスに入り、 一年ほどテントで暮らしたことがある。 …

No.60 ま、ただ酔っ払っただけとは思うけど

町の文化施設、夢プラザに出掛けた。 なにをしに? って、例のワクチンを打ちにです。 一応、わがコミュニティは高齢者施設にカテゴライズされているので、 接種が始まった途端に自主運行をしているミニバスの送迎で会場に行くことと …

No.59 ぐんと絆が深まったことを自覚した私だった

私が住んでいるのは、「サービス付き高齢者向け住宅」と呼ばれているところ。 先日、コロナ禍で久しく休止していた入居者の運営懇談会が開かれた。 この懇談会で、勝手に立ちあげた「原っぱ」プロジェクトの進行状況を説明し なくちゃ …

No.58 爽やかな風が吹き渡る原っぱで子どもたちは…

もうじき、高原に一番美しい季節が巡ってくる。 これまでは、咲き誇っていた真っ白な春のこぶしと桜の花に うっとりしていたけれど、いよいよ芽吹きのときを迎える。 今は、赤や黄や緑のクレパスで淡く優しく描いたように 森も山もふ …

No.57 その彼が昆虫ばかり登場させる台本を…

私の部屋が、目下、すごいことになっている。 もともと散らかってはいたのだけれど…… 今はもう手が付けられない状況と化している。 それもこれも、5月半ばにやれたらいいね、 ということになっている「原っぱ人形劇」の人形たちで …

No.56 ここにいるのは…

この頃、思う。 妥当な分別というか、思慮深さというか、 そういう自分を制御する装置が壊れちゃっているような。 それなりの歳なんだから、ほどほどにしなくちゃね、 突っ走ったら息切れするばかりなんだからね、 と、自分で自分に …

No.55 過疎地に一人で移住して来ちゃうような女は…

那須に来てもうじき3年。 思えば、70歳を機にいきなり、50、60人のまったく縁のなかった人たちと 生活を共にし始めた私だ。 最初は、こんなにたくさんの人の名前を覚えるのは、絶対無理、 今さら誰かと特別親しくなるのも、絶 …

No.54 ここが人生の晩年のハイライトかも

2021年。 私は今や「原っぱ」のオーナー。 思えば、70も過ぎちゃってこういうことになるとは、まさかの展開だ。 終活世代と言われるお年頃になって、断捨離するどころか、 「原っぱ」にせっせと新しいガーデンハウスなんか建て …

No.53 私、人生の選択を間違ったのかもしれない

じたばたすることになりそうな予感がする 衝動的に那須に引っ越して来て二度目のお正月を迎える。 昨日来たような気分なのに、もう、そんなにも……と、 あれこれ思い返していたら、しみじみしてしまった。 思えば、いきなり移住する …

1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © 別冊!月刊新松戸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.