ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 想定外の日々かもね

想定外の日々かもね

No.45 遠いコロナがだんだんこちらへ

私の住む、サービス付き高齢者住宅と呼ばれるコミュニティーは、 栃木県の那須町にある。 川を挟んだすぐお隣が福島県の西郷村。 そんな栃木県の北の果ては、 3・11の大地震で被害に遭い、 さらに原発事故のとばっちりで放射線量 …

No.45 なのに、ウイルスとは…

新型コロナウイルス?  へ~っ、コウモリ発の病原菌…?  と、ほんの数カ月前には、中国の武漢で起きた状況を 対岸の火事のように見ていた。 ところが、あれよ、あれよ、のまに 世界中の人たちが、み~んなこの災難に巻き込まれ、 …

No.44 人生で一番いい時を大事に生きよう…

夕暮れになると、西の森が赤く燃えたつ。 そのオレンジがかった色を背に、 葉を落としきった木々が それぞれの繊細な枝のシルエットを黒々と 際立たせて立ちつくす様子がなんとも美しい。 毎日眺めるこの夕暮れの一瞬の光景は、 見 …

No.43 家族バラバラ時代の「終活」はなかなかに難しく…

この冬は「冬眠」の予定だったが、その暇がない。 都会を捨てて地方に移住したのだから、 すこぶるのどかに日々が過ぎていくはずだと信じていたが、甘かった。 一年目は、三番目の孫娘が登場してきて、東京と那須を行ったり来たりで、 …

No.42じたばたすることになりそうな予感がする

衝動的に那須に引っ越して来て二度目のお正月を迎える。 昨日来たような気分なのに、もう、そんなにも……と、 あれこれ思い返していたら、しみじみしてしまった。 思えば、いきなり移住する、と告げた時、 息子から吐き捨てるように …

No.41 私、人生の選択を間違ったのかもしれない

那須に移住したのよ、と言うと、 「ええっ、その年で、勇気あるねえ」と言われたりしている。 でも、中には 「ええっ、年をとって移住するならフツウ南だろう、 なんでキミは北なんぞに向かうのだ。気が知れない」っていう人もいた。 …

No.40 この宿題だけは、私はへっちゃら

「あれ、やった?」 「あっ、まだやっていない。いつ提出だっけ?」 そんな学生時代みたいな会話を交わしながら、 あいかわらずサ高住仲間と二人でヘルパー学校に通い続けている。 その彼女は私の3歳下。かろうじてのまだ60代。 …

No.39 これって、年寄りの冷や水?

ベッドメーキングの実習を体験した。 畳んだシーツをベッドに広げて、四隅で三角形を作って、 すばやくマットレスに挟み込み、ピシッと仕上げる。 そう、ピシッと。 どの布の端を持って、どっちの方向へ、どう引っ張るか、テクニック …

No.38 そう唐突に、蘇ってきたのだ。

今年は、とんでもない酷暑の夏だった。 それでも高原の夏は、朝晩だけは涼しかった。 家の窓も玄関も開け放して眠る解放感を存分に味わったし。 そこが、みんなで暮らすコミュニティのいいところよねえ、 と思うが、昔は都会でも夏は …

No.37人生はまだまだ油断ならないのかも…

私の東京の元家には、目下、息子の家族が住んでいる。 おかげで、かつて老父と私の二人で寂しく住んだその家は、 今や孫娘が3人にもなり、子育て世代の5人家族としてにぎにぎしく繁栄している。 私はそこを今や「実家」と呼び、時々 …

1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © 別冊!月刊新松戸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.