ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 今月の月刊新松戸

今月の月刊新松戸

今月の月刊新松戸2020年2月号

表紙絵:関家の庭(関さんの森) 表紙の絵と文/近藤 賢一 15年前に体調を崩して人生観が変わった。仲間たちの存在も あり楽しい人生に感謝している。私の住むマンションで2011 年2月、スケッチ教室「ユーカリスケッチ倶楽部 …

今月の月刊新松戸2020年1月号

表紙絵:21世紀の森と広場 表紙の絵と文/近藤 賢一 伊豆箱根旅行 明けましておめでとうございます。 3章「山陽・山陰旅行」の次は、新婚旅行で行った所をもう一度、 の旅である。30数年前、アメリカではなく伊豆半島の東海岸 …

今月の月刊新松戸2019年12月号

表紙の絵と文/近藤 賢一 作品を送り続けて   絵を描き始めて2年後の2013年から姉妹、義姉弟に「今月の作品」を送り続けて はや7年近くになる。年賀状の挿絵に使用したことが始まりだ。 描いた絵から2〜5作品を …

今月の月刊新松戸2019年11月号

表紙の絵と文/近藤 賢一 山陽山陰旅行編   第1章は九州旅行、第2章は北海道旅行、そして今回は2015年の第3章、山陽・山陰の旅です。 関越・上信越道に向かって出発。上田、松本、飛騨高山、 大津、倉敷、広島、 …

今月の月刊新松戸2019年10月号

  表紙の絵と文/近藤 賢一 母の詩集   母は元気な頃、妹を連れて高森顕徹先生の仏教講話を聴きに 醒ケ井(滋賀県米原市)に度々行っていた。 ある雨の日、母は田んぼのあぜ道で滑って小川に落ち、腰を打っ …

今月の月刊新松戸2019年9月号

  表紙の絵と文/近藤 賢一 故郷での個展   昨年10月、新松戸で開催した個展のあと、故郷大津市で身近な人を招いて 個展を開きたいと思った。育ててくれた自然や人への感謝の気持ちからだ。 場所は、昨年 …

今月の月刊新松戸 2019年8月号

表紙の絵と文/近藤 賢一 旅先での出会い(北海道編) 2015年6月、東北・北海道の旅。仙台、中尊寺、横手、角館、盛岡、十和田湖、 弘前、青森、フェリーで函館、札幌、小樽、夕張、富良野、旭川、稚内、 フェリーで礼文・利尻 …

今月の月刊新松戸2019年7月号

表紙の絵と文/近藤 賢一 一冊の本との出会い 絵を描き始めた2011年、一冊の本『絵を描く悦び』(千住博)に出会った。 この本が教えてくれたことは「自分にあるものを見つけること」「自分の絵を褒めること」 「作品を人に観て …

今月の月刊新松戸2019年6月号

表紙の絵と文/近藤 賢一 旅行会社との出会い 私が絵を描き続けている原点は、旅行会社との出会いです。 2014年6月、長年の希望だった〝車での九州一周旅行〟に妻と出かけた。 トランクに荷物を積み込み、東名・名神、故郷大津 …

今月の月刊新松戸 2019年5月号

表紙の絵と文/近藤 賢一 父への想い 父は、仕事一筋の職人であった。 尋常高等小学校卒業後、八坂神社(京都)の宮大工として、 丁稚奉公から棟梁となり82歳になるまで働き続けた。 家ではT定規を使って設計図面を作成していた …

1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © 別冊!月刊新松戸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.