■俳諧「奴凧」

花畑愛でて登って浅間山      佐藤 春生

夏帯やそぞろ歩きのなつかしき   吉沢緋砂子

打ち水や一陣の風誘ひけり     鈴木 翠葉

この暑さ逃げるすべなし夜は更けて 勝  太郎

梅雨晴れ間せんたく物も深呼吸   小林 今浬

不機嫌な顔を廻して扇風機     松山 我風

■夏日俳句会          望月百代 選

惻惻といのち老いゆく端居かな     《選者吟》

泥の香のほんのり土用蜆かな    井川 美江

風死すや体育館の用具室      井土絵理子

大笊を求めて梅雨の合羽橋     岩下三香子

緑深しひらと消えたる夏衣     太田 住子

老鶯や夫逝く車列送りたり     菊井 節子

そのことは今は言へない水中花   北村  綾

一湾の暮れゆく冷奴うまし     河野 悦子

明易あけやすし四肢を伸ばせば猫に似て   佐藤 弘子

甚平や野次馬が指すヘボ将棋    佐藤 隆平

夏木立刻それぞれに流れをり    鈴木 るる

甘酒もちびりちびりの下戸なりし  築  幸枝

住みなれし街角覆ふ薄暑かな    恒任 愛子

朴散華筆まめな母恋しかり     都丸れい子

鯵刺や雨空背にダイビング     間部美智子

風涼し沖の一灯動きだす      丸澤 孝子

ささ濁る沼面わんわとあめんばう  渡辺 紀子

■短歌「合歓の会」      久々湊盈子 選

少年の鼓笛隊ふいに立ち止まり挙手の礼などすることなけれ   《選者詠》

列島はいまモンスーンこの星の片隅で雨は降りますひしめく人に    助川さかえ

紫陽花の大き花まり団結の力思わせ雨ふふみ咲く        川上 頼枝

柑橘の花に二匹の熊ン蜂重低音の羽音せわしく         木村 博子

多摩川の瀬音に負けず河鹿かじか鳴き夕せまるころ蛍火ともる     野口 貞子

日常の段取りしだいに切れ悪く思いしらさる加齢というもの   天野 克子

■川柳「暁子の会」      米島暁子 選

人間が一番怖いお化けの子       《選者吟》

陰性と聞いて駆け込む縄のれん     佐々木幸紀

足音がウキウキ気分連れてくる     石井 高子

あれこれと迷って楽しお取り寄せ    箱崎とし子

孫が来てぱっと華やぐ母の顔      藤田みゆき

かぐや姫に招かれて行く月旅行     吉田 英雄

良い事にきっと出会える春陽射し    神保 伸子

趣味の会笑いに満ちて大きな輪     中山 秋安

ふる里のなまりが心丸くする      髙橋 和男

赤ちゃんはまるまるしてるだけでいい  正木ふう子

湧き水が力をくれるハイキング     血矢 行男

艶やかな水色ドレス女王様       板橋 芳子

■つれづれ句会 ― 投句 ―

夾竹桃花ほころびてわが町に三年ぶりの祭り近づく

 

散歩終え父母や友等に焼香と新たに活ける今朝はたんぽぽ  一 蝉

 

詣でたる安堵や四萬六千日(710日浅草寺縁日)

 

蝶の羽を帆の如く引く蟻の群        三 島

 

九十路ここのそじまだ余生に非ず暑気払ひ   

踏切の音を遠くに明易あけやすし           甲

 

避難へと心ならずも離れゆく早朝の水辺鳥たちの声よ   ユ ニ

 

暑き夜にラジオのうたふ愛唱歌

夕立にうるおう大地土にほふ      輝

 

明易あけやすしポストに朝刊入る音   

次の世は上手に生きよう半夏生     波

 

夜勤明けまつ赤に燃えてるつつぢ垣     火 山

水溜り白き紫陽花我とれ          美 公

畔作り翁つばつけ鍬ふるう          敬 直

連れ行かる子供やあはれ五月闇          光 子

白靴の紐引き締めて徒競走        ちか子

赤瓦雨にけぶりし石州路        紀 行

狭き道苔むす祠奈良の街        善 彦

大青田鉄塔の影支へをり        かおる

古代蓮弥生の色を今に咲く       一 憲

酒あれば降る雨いとし梅雨の宿     義 明

若葉雨見守り笑まふ道祖神       恵美子

 

熱帯夜雀さえずり目を覚まし

半夏生庭の片すみ夏告げる       かもめ

 

汗かく日悩まし接種四回目

水茄子や鮮やか青しブラウスも      かすみ

 

空高く梅雨明けてなおヒバリ鳴く

焼かれても業火を身に受け立ちつくす  お太助

 

ベランダに訪問者ありカラス二羽

くもりなき来し方亡母ははの愛ありて    卯 月

 

炎暑にも耐えて開花の奇形ゆり梅雨の終わりに姿美し

理不尽とフェイクで尖がる世の中に光の在りかをルーペで探す   風知草

 

夕立来てロペスのリズム整へり

桑の実を食しお歯黒気取りたり      鳴 砂

 

送りたい鬼滅の刃ウクライナ(鬼退治)

泣きながら一人避難が気にかかる(今どこに)    沖 阿