女子会を開けますように

季節の変化とコロナの拡大で、なんだか落ち着かない毎日です。

そんな中、10月号ではぜひ、ホワイトキルトをご紹介させていただきたいと思いました。

実は、これまでホワイトキルトも畑に持って行って、何度か撮影してみたのですが、

光と角度が難しく、まるでシーツのようです。

困ったなあと思いながら、今度こそはとチャレンジ。

柿の木にエイヤッと思いっきり投げ掛けて撮ってみました。

このホワイトキルトのベッドカバーは、

8年前、息子の奥さんの希望でシングルサイズのものを2枚作りました。

もともとパッチワーク作りが好きなので、

白い布にキルトだけの作品作りはあまり気が進まず、図柄にもとても悩みました。

でも、出来上がってみるとシンプルで、これもいいなあと新発見。

なにより、彼女が気に入ってくれてうれしかったです。

わが家には息子が二人おりますが、

それぞれの奥さんは、私にとって娘のようです。

二人とも9月が誕生日で、みんなで集まっていたのですが、

4年前、息子の「女性三人で過ごしてみたら?」のひと言をきっかけに、

9月の女子会がスタートしました。

三人ともショッピングが好きなので、毎年泊まりがけでアウトレット巡りをしています。

今はその日を待ち望みながら、コロナの感染状況のニュースに一喜一憂しています。

今年も無事に女子会を開けますように。

10月号 目次

四季折々  神無月

想定外の日々かもね(63)久田 恵 徒然なるままに……

弁護士ノート(38)枝野 緑 意外と知らない労働法 –解雇編–

まち情報 たて組

おだいじに(138)石井 秀幸 「抗体カクテル療法」とはどんな治療法?

シニアライフ考(67)石坪 直樹 介護度が決まってから〈4〉

人のかたち/骨のはなし(35)村田 亮 コロナ禍とこどもの骨の健康

軽やかに生きる法則(151)小倉 克夫 動かざること山のごとし

ホームドクターの健康相談室(225)栄原 智文 [診察問答] ジェネリック医薬品不足

こころの診察室(233)畑野 民栄 誰かにグチを聞いてもらうのも…

関さんの蔵通信(115) 木下 紀喜 全国に先駆けた千葉県議会

おもちゃの病院から(170) 高橋 多賀子 「夏の工作教室」無事に終了

協賛店からのお知らせ

新松戸地図

暮らしの電話帳

不思議彩事記(476)流山児 祥 コップの中の嵐より、この9年間の総括こそ!

ちいさな美術館、ここに在り(16)源川 彦峰

エッセイ&写真 「コロナ下の日々」三浦 聡雄 診療・散歩 ときには登山

今月の俳句 短歌 川柳

こちら新松戸パトロール隊!(46)池田 武司 商店会主催「防犯パトロール」実施!

まち情報 よこ組

情報交換―差し上げます/伝言板

求人/募集広告

編集室

今月の運勢(102)天道 象元