■俳諧「奴凧」

桑の実に昭和の香り匂ひけり         佐藤 春生

小走りと静止で進む蜥蜴かな        吉沢緋砂子

花菖蒲小舟降りれば酒の蔵          鈴木 翠葉

雪渓にくろずむ雪の庇あり           勝  太郎

満ち足りた高原の朝郭公鳥かんこどり   小林 今浬

卒然と出でたる蟇の知らん顔        松山 我風

新緑の静かに萌えて古墳かな        小檜山游生

■夏日俳句会          望月百代 選

ひたち野や藩士のごときやまかがし    《選者吟》

天牛やぎすぎすと世に抗へり        井川 美江

紫陽花の道につながる空のあり       井土絵理子

鳥声のこぼるる大樹梅雨近し        岩下三香子

涼味かな壺に流るる白き釉         太田 住子

枇杷の実を落とし鴉の不覚かな       菊井 節子

父の日や沖行く船に道のあり        河野 悦子

断層を被う億年緑雨かな          鈴木 るる

またねとは決めぬ約束花柘榴           築  幸枝

麦踏みに手順あるごと山に夏           恒任 愛子

喧噪を遠くし蓮の花ひらく            都丸れい子

軽鳧かるがもの子の残す小さな水尾であり  西岡千代子

水口に太るみどりや余り苗               間部美智子

夏野原新のページを開くごと              丸澤 孝子

塾出でし子の口笛や夜の薄暑              渡邊 紀子 

■短歌「合歓の会」    久々湊盈子 選

朝ごとに沙羅の落花を悲しみて数う今日六むつ昨日は七つ    《選者詠》

公園の林のなかに春がきてモグラも目ざめ土盛りあげる     前田 良江

 

すでに世に亡き名優が演じいる濃厚シーンの密をたのしむ    田代 鈴江

 

白鳥の青に染まざる漂泊の哀しみ切々と篠笛を吹く       木村 博子

 

なつかしき山河これで見納めと遠出す明日は免許返納      吉野 清子

 

ワクチンを打つ順番のあいまいさ高齢者優先は有難けれど    川上 頼枝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■川柳「暁子の会」         米島暁子 選

きっと咲く花へも朝の水をやる   《選者吟》

感染増え全国の知事名が知られ     福家 昭惠

コロナ禍の地球を洗う祈りの手     斉藤 チカ

我慢できずに席を立つ冷房車      桶谷 康子

お付き合い本音建前二心        寺前 絢子

建前も本音も大事生きる術       鈴木 綾子

寒気ありコロナか風邪か不安あり    松竹 妙子

テレワーク本音は会社行きたいの    谷畑  顕

転勤でふる里が増え友出来る      中津 和子

この星に喜び満ちて今生きる      山崎 君代

地球儀をくるくる回し世界旅      青木千代子

■つれづれ句会 ― 投句 ―

カラス等も会話すると聴く巣なきあと若葉の枝に戻る二羽あり

老いて尚伸びる爪をば夜切れば叱られた日がただ懐かしき  一 蝉

 

夕刊をはらりたたみ冷酒飲む

時の日や曲まがってしまふ葉書の字     申

 

遠足日姉弟の願い梅雨はれて

十薬の苞ほう真白ましろなりやみに浮く   輝

目高ついに一匹となり移さるる       火 山

旅の日や行くに憚る奥の道         一 憲

子供らが放つ稚鮎のキラキラと       敬 直

新緑の日の斑の眩し裸婦の像           かおる 

梅雨寒にほうじ茶一杯差向い           美 公 

針仕事苔庭和む母が梅雨           善 彦

朝顔や君の優しさ誰に似る          義 明

虹二重免許センター上に立つ        ちか子 

新しい垣根にそっと黒揚羽          紀 行 

新樹風たどる山路や富士も見ゆ        光 子

初夏の風千紫万紅ドイツ村          恵美子

 

五月晴れ忘られている昼の月

沼の面に雨の水輪か花菖蒲                三 島

 

トラクター水光る田に苗植える                いぶりがっこ

 

散歩道琵琶色付くや風に揺れ          かもめ

 

大谷石鬼滅模様や梅雨に入る

長雨に勢ひ色づくアンズかな          鳴 砂

 

どくだみの花序の白さや日暮れどき

ひとときの幸せの味珈琲館          卯 月

ランドセル背伸びす三人タチアオイ

こっそりと葛餅の涼五時の鐘        かすみ

 

煩悶の腑におち我に還る夏         ユ ニ

 

雨粒や上からころりころり哉

梅雨の雨揺らしているよ卯の花を      眞 美

 

乳母車自分のために押し始め

接種場所アドバルーン揚げ案内す     沖 阿