◆俳諧「奴凧」

 

場所取りや亀の子負けるな甲羅干し   佐藤 春生

古書街の匂ひに浸る昭和の日      吉沢緋砂子

山藤の旅の名残や奥飛騨路       鈴木 翠葉

烏飛ぶ人もまばらな夏の朝       勝  太郎

明け早し最後のきぬさや一摘み     小林 今浬

麦秋の風の彼方の夕筑波        松山 我風

時鳥千住に鳴きて出立す        小檜山游生

 

◆夏日俳句会             望月百代 選

夕顔や外燈の灯の届きけり     《選者吟》

レンガ色のスパイス振れり夏サラダ   井川 美江

聖五月真白き馬の駆け抜くる      井土絵理子

見上げたる巣箱の底のかすれ文字    岩下三香子

ネモフィラの青き丘陵海は夏      太田 住子

柚子の花老いの生活の恙無し      菊井 節子

蕗折りてみどり香れり母おもふ     河野 悦子

蜘蛛の囲やセメント袋積まれをり    島田富美子

鎌の刃の青き雫よ清和かな       鈴木 るる

花おほばこ踏切三歩で渡り切る     築  幸枝

折込のチラシの山や夏近し       恒任 愛子

潦とんで菖蒲の目の前に         都丸れい子

春うらら孫の手を借る車いす      西岡千代子

開山堂天を持てなす朴の花       間部美智子

短夜や青い地球の話など        丸澤 孝子

南北に長き我が国梅雨に入る      米倉 典子

 

◆短歌「合歓の会」                      久々湊盈子 選

 

ヤマボウシ四ひらの白を開き終え五月の風にひしと寄りあう     《選者詠》

真ん中におさなご抱かれて写りいる自治会役員構成あらた      野上千賀子

髪型を変えてみたけど気付かない亭主といえる男がひとり      津田ひろ子

死ぬまえにもいちど会いたいと言う母を連れ来る旧友の藁ぶきの家  近広秀一郎

ハンカチにコロン一滴墨堤で君と別れた葉桜のころ         大江  匡

子の二人がこの世に生きたあかしなり毀誉褒貶はいつかは消える   立神 幸彦

 

◆川柳「暁子の会」             米島暁子 選

 

バラの香が行進曲に乗ってくる     《選者吟》

コロナ禍の新入社員テレワーク       板橋 芳子

駆け込みでトイレに入るバスツアー     血矢 行男

才能も真似から入り開花する        鈴木 綾子

お互いに入れてもらったお茶が好き     野崎 成美

老人会そろそろ入るかと卒寿        正木ふう子

ひろい門入ってわかる明日の夢       花嶋 純代

趣味の会入ってみればここちいい      寺澤 秀典

惜しまれて昭和の巨星鬼籍入る       橋 和男

まだまだとバアバいそいそ美人の湯     中山 秋安

趣味の会入り人生返り咲き         前川 育子

 

◆つれづれ句会 — 投句 —

 

カラス等も会話すると聴く巣なきあと若葉の枝に戻る二羽あり

老いて尚伸びる爪をば夜切れば叱られた日がただ懐かしき    一 蝉

 

鴨数えをり八十八の道草 

しばらくは眼鏡やすませ柏餅      申

 

短夜につくばい水音しじまます  

静寂や涌水いだき水芭蕉        輝

 

 

暮遅き籬に燃ゆる躑躅かな 

八十なかば過ぎし男の子の端午かな  三 島

 

夏来ればみどりの中の立話

二杯目のコーヒー冷めて今朝の夏    波

 

さらさらとさくら散る下聖火継ぐ   火 山

 

寄せる波青き幽玄蛍烏賊       一 憲

 

空の青仰臥し眺むるレンゲ畑     敬 直

 

セピア色閉じる栞の苜蓿         美 公 

 

花散るや永遠の別れのオンライン   光 子 

 

陽だまりのベンチを見上ぐ犬ふぐり  かおる

 

筍の伸びる速さや天を衝ぐ      紀 行

 

初蝶や干布団にてひと休み       善 彦 

 

初夏の午後七美婆集ふ液晶画面     ちか子 

 

そよぐ風吹けば林も竹の秋      義 明

 

ひと鋸にゆっくり傾ぐ竹の秋     恵美子

 

泳げ翔べ遠くの孫へ鯉のぼり

連休や頬杖ついて心太        かすみ

 

おぼろ月ジャスミンの香にいやされる

夏日なり花壇に咲くやあざやかに   かもめ

 

あの路地のここだ現に咲く躑躅 

こぼれ咲く藤のむらさき恋のいろ   鳴 砂

 

我が街のマロニエ並木にパリ想う

柏餅今年もその味かみしめて     桔 葉

 

舞ひ上がる花びらの景夕桜

丑年や背に負う荷数の身にこたえ   卯 月

 

かたばみや今年も咲いた蝶もいる

てっぽうゆり今年も揃うの見ていたい 眞 美

 

変えましたおもてなしからお裾分け(感染だよ)

貴公とは温めあうこと始めよう(米中気候会談)  沖 阿