◆俳諧「奴凧」

古池や捨て傘に乗り亀が鳴く       佐藤 春生

春耕や太っちょ蚯蚓みみず宿おわれ     吉沢緋砂子

妙高の雪形いっ景青い空         鈴木 翠葉

花にらの咲きて地上の星となり      勝  太郎

三毳みかも山水彩画のごと山桜     小林 今浬

浮き沈む一途な蝌蚪を見て飽かず    松山 我風

公園に子らと春日の犬ふぐり      小檜山游生

◆夏日俳句会            望月百代 選

さくさくと日の過ぎゆける郁子の花   《選者吟》

蛇穴を出づ通帳に利子五円          井川 美江

桜どき両国駅のピアノ弾き          井土絵理子

鳥雲にアフリカ柄の色弾む          岩下三香子

目薬の一滴みどり立ちにけり         太田 住子

住み古りし我が町我が家春闌くる       菊井 節子

惜春や一人で入る映画館           河野 悦子

桜蘂降る参道に船橋屋            佐藤 弘子

土筆摘む声かけてくる風と人         鈴木 るる

花三分唐突に友転居の報           築  幸枝

近道の迷路まがひや山笑ふ          恒任 愛子

悔い少し山独活のほろ苦きかな        都丸れい子

吾を乗せて花の中なる車椅子         西岡千代子

雁帰る雲間に美しきへの字かな        間部美智子

花筏水どこまでも薄明り           丸澤 孝子

モンステラの葉の切れ込みよ春闌ける   吉田恵美子

シャベルより砂のこぼるる春うれひ      渡辺 紀子

◆短歌「合歓の会」    久々湊盈子 選

芽ぶきたる楓の羽葉うようやわらかに産湯のような雨を受けおり       《選者詠》

みずからの小さき失言にこだわりて今日の議題が薄れてしまう     久保田和子

幾年も壁に貼りおく仏の画かぜをはらみてまなこを開く          田中 秀子

コロナ禍にもよきことありて心凪ぐフランス料理の腕前あがり       岡本眞理子

言い負けて口惜しけれども合点する娘の口調亡夫に似て来し        光田美保子

「楽しんでゆっくりおいで」って逝きし夫短歌うた詠む吾を知らざるままに  木村 博子

◆川柳「暁子の会」         米島暁子 選

手鏡に明日の生き方問うてみる      《選者吟》

ハグしたい肘でツンツンさくらんぼ      山崎 君代

道草であの人に会う恋予感          青木千代子

せっかちと気長の夫婦良く続く        中津 和子

生きてます今が一番好きだから        福家 昭惠

焦らずに気持穏やか秋日和          寺前 絢子

せっかちでパワフルな君まだ八十路      斉藤 チカ

テレワーク嫁の好物差し入れる        中田テルコ

せっかちも時の速さに追い抜かれ       鈴木 綾子

一寸と待て急ぐは良いが先ず止まれ      谷畑  顕

白色をあなた好みに染めたいな        松竹 妙子

◆つれづれ句会 ― 投句 ―

カラス等も会話すると聴く巣なきあと若葉の枝に戻る二羽あり

老いて尚伸びる爪をば夜切れば叱られた日がただ懐かしき   一 蝉

 

川ガラス流れにまかせ花いかだ

日々変わるつかの間の朱あかめ垣    輝

 

そのへんの桜ながめていたりけり

目つむりてさらに明るさ春の昼     申

 

桜散る染めて流るる風の中

新樹光一言うれし電話かな       波

 

春マスク七彩揃へこころ満つ      火 山

花始め散る花ありて残り花       一 憲

春雷を遠くに聞きておちょこ傘     ちか子

老い集いラジオ体操芽吹く森        善 彦 

水溜まりかえり打つかと藪椿      公 美

春来たる聞き耳立てて眼を凝らし   敬 直

畦塗りやくわえ煙草の好々爺     紀 行

あばらやの門辺にあふる雪柳       かおる 

花咲いて弾む心に影ひとつ      義 明 

オンライン学び刻みて卒業す     光 子

老軀駆く血の薄き皮膚草萌えり    恵美子

 

うぐいすの音に歩を止めし五番街

芽吹きにも遅速の有りて欅かな    三 島

 

包まれる枝垂れ桜の腕の中

新緑のひかり子の顔輝けり      かすみ

 

八重桜色濃く咲くや待ち人に     かもめ

 

春霞人もかすめりデジタル化 

春風や孫へのエール遠き地へ     卯 月

 

巡る彼岸残る夜明けの星の数     ユ ニ

 

紫陽花に蝶が並んで食事中

雪柳たまごが見える青虫よ      眞 美

 

過労死もコロナも無視の厚労省                                      

コロコロと転がり続け何時とまる   沖 阿