◆俳諧「奴凧」

枯れ枝と思えばひょっこり梅の花    佐藤 春生

踏めば泣く悩ましきかな霜柱      吉沢緋砂子

お通しや今宵白魚おどり食い      鈴木 翠葉

恋猫の争う声や宵の口         勝  太郎

春雨のリズムに踊るくもの糸      小林 今浬

筒抜けの内緒話や山笑ふ        松山 我風

山笑ふ選ぶ未来に不安あり       小檜山游生

 

◆夏日俳句会          望月百代 選

春愁や旅の枕に野の匂ひ      《選者吟》

咲き満てるミモザ国際女性デー   井土絵里子

殺陣復習ふ男ら春の空を切り       岩下三香子

春寒しゆつくりと和紙墨を吸ふ      太田 住子

飯椀に山盛りしらすの至福かな      菊井 節子

三月や町の広場の手風琴            河野 悦子

春風を押してゆくゆくベビーカー     佐藤 弘子

スコップに洗ひ残しの春の土       島田富美子

メモ書きにありしキムチを忘る春      鈴木 るる

鳥帰る昨日も今日も風強し         築  幸枝

如月や馴染みの店に人あふれ        恒任 愛子

手のひらに刻む豆腐や春夕べ        都丸れい子

三月の光を背負ひ筑波山          西岡千代子

春蘭の浅黄色庭隅灯すごと         間部美智子

啓蟄や影つれて子等遊びをり       丸澤 孝子

梅の家幸せ色に染まりけり         吉田恵美子

 

◆短歌「合歓の会」    久々湊盈子 選

くじら雲しだいにほどけ子くじらをいくつも生みぬ午後のいっとき
《選者詠》

コロナ禍で長時間テレビを過ごす日は夕餉の惣菜一品増増える
吉野 清子

レッスンはリモートとなりコーラスのハモる醍醐味いまはお預け
天野 克子

誰ひとり戻り来し人なきゆえに姉の逝きたる国は良からん
羽毛田さえ子

ごうごうと流れる川は雪解水眺めてしばしの気分転換
田中 秀子

雨あがりの公園の木々吹きいでし風にいきいき躍りだした
前田 良江

 

 

◆川柳「暁子の会」         米島暁子 選

聞こえないふりもしている生き上手 《選者吟》

仲人が成績良いと嘘をつく        中山 秋安

嘘真選択しながら生きてきた       板橋 芳子

電話口うそかほんとか良い話       血矢 行男

嘘だけは言えない私ちょっと好き     野崎 成美

耳元であなただけよと囁かれ       中山 秋安

時により必要とする嘘もある       前川 育子

嘘でいい母の笑顔を見れるから      鈴木 綾子

嘘じゃない君はほんとに美しい      正木ふう子

貴女なら小さな嘘もご愛嬌        髙橋 和男

夫婦仲嘘のおかげで長続き        寺澤 秀典

 

◆つれづれ句会 ― 投句 ―

妻在りて家のぬくさや花辛夷

水輪して気付けるほどや春の雨     三 島

 

ホームから河津を眺め新境地      かもめ

 

神雛一つをくづして舟を折る

五七五のほか身寄りなき老の春      申

 

オジロワシに学ぶ「親」とはスコットランドの森深し

糾あざなえる禍福のたとえしたヽめる夜更け ユ ニ

 

硝子器に酢の物ありて桜咲く

雨上る解ときて花びら黄水仙       波

 

看護師にわっとかこまるる小春かな   火 山

時の疫病も美色忘れず冬薔薇      一 憲

朝日浴び老梅いまだ輝けり       敬 直

文庫本そっと箸置き木の芽和え       美 公 

城あとに偲ぶ栄華や梅薫る       紀 行

つくば背の早春の湖帆引き船      かおる

春の土手ベンチに一足先の客      ちか子

お雛様娘の帰るここちする       義 明 

水仙や皆陽に向きて「澄まし顔」    善 彦 

立ち雛の眉の雅みやびや人思ふ       光 子

大事とは今この時ぞ梅真白       恵美子

 

沈丁花主なき庭なお香り

目をつむり音聴く遥か春の海      かすみ

 

風つくる春の小川の青海波

風走り春雷轟き雨走る         ひでみ

 

バレンタイン息子に手渡す抹茶チョコ

健気にも日陰に微笑む黄蒲公英     卯 月

トンネルを抜けて騒めき山笑ふ

このカフェの梅一輪とふ美学かな    鳴 砂

 

俗に言う丑三つ時に目覚めれば人恋しくて聞くラジオの声

ひっそりと約束無しの春を待つ青き蕾は沈丁花の群れ  一 蝉

 

たまり水小雀たわむれ水温む

けやき路心遊ばせ散歩する       輝

 

初蝶が北風の中飛び切った

雪ヤナギ伸びし花枝踊り出す     眞 美

 

自粛から孤立深める弱きもの

接待費利得がなければ落とせない(経費から)  沖 阿