雅印

房四宝の繋がりで今回は印鑑です。

単なる石材を印鑑用に加工した石にしか見えないかも知れません。

しかし、書画作品の制作の最後は印を押して完成となります。

宅急便の受け取りや書類の提出に押すハンコとは区別してもらいたいのです。

日常のアクセクとした生活から暫し離れて風雅の世界に身を置き、

風流を嗜みたいとする見地から「雅印」と呼んでいます。

一般的に印は、姓名を刻した「姓名印」と、

雅号を彫った「雅号印」とがありますが、さらにもう一つ、

余白を引き締めるために押す「遊印」というものがあります。

「印」とは、自分の思想とか気概とかを表したものです。

この作品はどんな思想を持って書いたのか、

どんな気持ちの時にこれを表したくて描いたのかを、

刻印の文章で表すのです。これを「詞句印」と言います。

自分の懐抱(気持ち)を前面に表すことが書画藝術なのです。

思想も気概もなくただ書くだけでは意味がありません。

王羲之は、これを「陶写」「散懐抱」と言っています。

また良寛は「写心中物」と言っています。

自分の心中のものを著したくて書画の藝術を楽しむのでしょう。

その気持ちを印にも彫って表すのです。

これらを総称して「落款印」「雅印」といいます。

石自体の色、形状、風趣もご覧ください。

四季折々 神無月

想定外の日々かもね(51)久田 恵「元祖フリーター気質は治らない」

弁護士ノート(26)國府 玲名「自筆証書遺言保管制度がスタートしました」

まち情報 たて組

おだいじに(126)石井 秀幸「新型コロナウイルスのワクチン開発の現状は?」

国立歴史民俗博物館「性差の日本史」招待券プレゼント

軽やかに生きる法則(139)小倉 克夫「キャリア形成」

ホームドクターの健康相談室(213)栄原 智文
「診察問答:インフルエンザワクチンについて」

心の診察室(221)畑野 民栄「マスク問題は悩ましい」

シニアライフ考(55)石坪 直樹「ポールウォーキングのすすめ〈2〉」

人のかたち/骨のはなし(23)村田 亮
「腱付着部の痛みに対する新しい治療法」

おもちゃの病院から(158)立川 統「コマツのマイクロショベル〈その1〉」

暮らしの電話帳 広告協賛店一覧

新松戸地図

協賛店からのお知らせ

関さんの蔵通信(103)棚井 行隆「曲淵氏領幸谷村の年貢の話 御用捨米〈2〉」

不思議彩事記(464)流山児 祥「映像配信で世界と繋がる新しい表現の時代」

Coffee Break(21)横田 尚己「インド訪問記」

ちいさな美術館、ここに在り 源川 彦峰

読者の広場

新松戸東パークハウス写真クラブ(184)わたしの視点 宮崎 利重 

「東京散歩:山手線新駅 高輪ゲートウエイ界隈」

今月の俳句 短歌 川柳

こちら、新松戸パトロール隊!(34)池田 武司「少しずつ活動を再開します」

求人/募集広告

まち情報 たて組

情報交換

編集室

今月の運勢(90)天道 象元