◆俳諧「奴凧」

紅葉に引かれて北へ栗駒山          佐藤 春生

彼岸花燃えつきるまで妖しげに        吉沢緋砂子

口取りにたったひとつの衣被         鈴木 翠葉

法師蝉そろそろ季節の変わり目か       勝  太郎

いち日を淡く惑わす酔芙蓉          小林 今浬

こほろぎに呼び止めらるる横丁かな      松山 我風

登りきし宮に笑み栗こぼれけり        江戸川西邨

筑波山越えれば栗の大産地          小檜山游生

 

◆夏日俳句会               望月百代 選

昼過ぎて多感なるかな吾亦紅           《選者吟》

夫の掌に十粒二人の零余子飯         大石 洋子

秋澄むや左手だけのノクターン        井土絵理子

巫女の振る鈴の音帯の祝かな         岩下三香子

小鳥来る服に仕立てし紬の衣         太田 住子

一輌車花野の中に溶け入りぬ         菊井 節子

手助けを師に労はる菊日和          河野 悦子

吹き上がる風に秋蝶色こぼし         佐藤 弘子

秋の風奉納絵馬の狐かな           島田富美子

薬剤師に問はる近況草もみぢ         鈴木 るる

歩くたび軋む木道秋暑し           築  幸枝

駅裏の看板古りし秋日和           恒任 愛子

衣被打ちとけて出る訛りかな         都丸れい子

 

 

 

 

 

 

 

 

◆短歌「合歓の会」    久々湊盈子 選

退屈という贅沢には無縁にて櫛風沐雨(しっぷうもくう)古稀過ぎてなお    《選者詠》

高架下に入(い)らんとするに垂れている蔦にゆらりと誰何(すいか)されそう   光田美保子

わいわいと園児の声が通りすぎ夏の終りにカーテン洗う            岡本眞理子

台風に被災せし友に送りやる房州産の多古の新米               川上 頼枝

山腹のキスゲの群れを眺めつつリフトに乗りて今宵の宿へ           戸田しげの

閉じそうな瞼なれども三冊の本を小脇に寝床にむかう             羽毛田さえ子

 

◆川柳「暁子の会」              米島暁子 選

難しい言葉はいらぬありがとう       《選者吟》

幸せは三猿の教え守ること         和 子

愚痴話スマホの先に姉の声         髙 子

毛繕い愛たっぷりの親子猿         とし子

スマホ見て会話忘れた子供達        英 雄

反省を知ってる猿の偉さしる        イ エ

五歳児でスマホ持つ手が堂に入る      潤 子

孫受験切って燃やしたサルスベリ      幸 紀

宛先を間違えスマホ慌ててる         伸 子

秀吉は歴史を変えた猿でした         敏 夫

 

◆つれづれ句会 ― 投句 ―

羅漢堂冬陽射す像射さぬ像

禅寺を黄?に刷き銀杏落葉かな       三 島

 

シネマ出て並木の照りや街は秋

今年酒時かけて盛(もり)一枚を       清水 茂

 

大欅(おおけやき)抱へて太き蝉の声

蝉の声途絶えしときの深き黙        春 水

 

うろこ雲鰯にひつじと雲談義

荒れ庭をしばしいろどるカラスウリ     桔 葉

 

仁王立つJK圧力半端なし

糸一糸車内に残し主去りぬ         ひろこ

 

小春日やほしいものあり小縁側

白菜の芯は黄色に冬支度          だいだい

 

朝顔の藍のいろ冴ゆ夜(ゆ)べの雨

呟やけば又も散りゆく秋桜           波

萩市にて

石積の塀つづきおり白木槿          光 子

酌みつきぬ話もつきぬ夜長かな        紀 行

稲光サドル尻上げ家路かな          美 公

白木槿摺り足運ぶいのちかな         火 山

気に入りの古き映画を観る夜長        善 彦

栗拾い児等(こら)の喚声(かんせい)空に抜け  敬 直

毬栗の三つ児の真中のっぺりと        かおる

夏霧に祖霊眠るや月の山           一 憲

秋の雲大空高く海泳ぐ            孝 正

まろき背に媼栗むく昼の縁          恵美子

円卓に集いし古希女秋麗(あきうらら)     ちか子

 

台風にひれ伏し祈る草木かな

木犀の花側溝を流れゆく           眞 美

 

数珠つなぎ何を願ひの烏瓜

こころなし漁火うすき遠眼鏡         鳴 砂

 

ヒガンバナ目を射る赤の輝きて

魚跳ねて波紋大きく広がりぬ         卯 月

 

やせ秋刀魚私と似てる卒寿の母

空気澄む赤トンボとける茜空         かすみ

 

人々の暮らし破壊に近づくは一つ目を持つ真白き悪魔

はぐれ雲 光る飛行機 雁の群れ 窓枠の中暮れる秋の日    一 蝉

 

夕日浴び心くすぐるすすきの穂

静けきや千曲の流れ吾亦紅           輝

 

さも理解頷くジジババケータイショップ

美味さ倍ムクドリ見ながらケンタッキー     柚子丸

 

ネットの海一言いえば拡散す

健作の無策露呈で名前ナク(6日後の現地入り) 沖 阿