表紙の絵と文/近藤 賢一

 

旅行会社との出会い

 

私が絵を描き続けている原点は、旅行会社との出会いです。

2014年6月、長年の希望だった〝車での九州一周旅行〟に妻と出かけた。

トランクに荷物を積み込み、東名・名神、故郷大津、淡路島、姪の住む松山、

フェリーで広島、福岡、佐賀、長崎、島原からフェリーで熊本、鹿児島、宮崎、別府、大分から

フェリーで神戸、大津、松戸へ。走行距離は3千㎞以上になった。

鹿児島から宮崎への移動予定日、台風8号の九州上陸が予報され、

一日早く宮崎へ向けて出発。鹿児島と宮崎の両ホテルの日程変更を旅行会社にお願いした。

キャンセル料は取られず差額の払い戻しがあり、松戸に帰ってから精算のため旅行会社へ出向いた。

担当スタッフと旅行写真の話になり、絵を描いていることを話すと、

ぜひ拝見したいと言われ、後日持参した。

スタッフだけで観るのはもったいないと言われ、営業所内に展示することになった。

2年後には都内の営業所内にも展示していただいた。

台風との遭遇がなければ、この物語にはならなかったであろう。

これがキッカケで現在も絵を通して楽しくお付き合いをし、元気をもらっています。

広島で宿泊したホテルにお礼の絵手紙を送ったところ、総支配人室から60周年の企画を検討しており、

ホテルの公式ホームページに私の絵を掲載したい旨の連絡があった。

ホテル周辺を描いた作品数点を送り、3年間、掲載していただいた。

絵により人との出会いがあり感謝です。

 

こんどうけんいち●プロフィール
1950年滋賀県生まれ。同志社大学工学部卒業後、通信建設会社で通信設備の設計・施工、
ソフトウエア開発に携わる。その後、シニアコンサルタントとして情報セキュリティコン
サルティング会社に勤務。2011年から武田清蔵先生に師事。2018年10月初個展「旅行の
想い出の絵展」をギャラリー「風車」で開催。新松戸在住。

 

月刊新松戸2019年6月号(No.480) 目次

 

四季折々 水無月

想定外の日々かもね(35)久田 恵
彼が、やろうかな、とつぶやくと

地元応援団「新頂会」結成!
キックボクシング世界チャンピオン 那須川天心さん インタビュー

今月のまち情報 たて組

松戸市のごみ処理について
松戸市役所/環境部廃棄物対策課

弁護士ノート(10)大原 浩史
空き家問題を考える

おだいじに(110)石井 秀幸
予防接種を受けても、はしかにかかる?

軽やかに生きる法則(123)小倉 克夫
御朱印

不思議歳時記(448)流山児 祥
寺山修司没後36年の五月~下北沢⇒台湾台南への旅~

ホームドクターの健康相談室(197)栄原 智文
[診察問答]自転車事故に気をつけよう

こころの診察室(205)畑野 民栄
アルコール依存症について

関さんの蔵通信(87)伊勢 眞志
幸谷村で楽しむ江戸の書籍文化 〈その1〉

シニアライフ考(39) 谷山 隆浩
段差の昇り降りを補助する手すり

人のかたち/骨のはなし(7)村田 亮
休診と学会について

この絵本、おススメです!(48)嶋田 小夜子

おもちゃの病院から(142)富樫 昭夫
「ブラックライダーに挑戦」

新松戸地図/協賛店からのお知らせ

暮らしの電話帳 広告協賛店一覧

Coffee Break(6)横田 尚己
ニカラグア

求人/募集広告

「恐竜博2019」招待券プレゼント

読者の広場/詩「明けを待つ鼓動」東 恵子

坂川物語 附記 坂川散策の集いに参加して 太田 隆義/田口 亘廣

新松戸パークハウス写真クラブ(168)齋野 廣志
雨もまた好し

今月の俳句 短歌 川柳

こちら、新松戸パトロール隊!(18)池田 武司
地域の安心と安全のために! 青パトを運行しています

今月のまち情報 よこ組

情報交換

編集室

今月の運勢(74)天道 象元