表紙の絵と文/近藤 賢一

父への想い

父は、仕事一筋の職人であった。

尋常高等小学校卒業後、八坂神社(京都)の宮大工として、

丁稚奉公から棟梁となり82歳になるまで働き続けた。

家ではT定規を使って設計図面を作成していた。

戦争も体験しているが、子供たちに話すことはなかった。父の楽しみは何だったのだろうか。

大津市立粟津中学校時代の恩師は、父の尋常高等小学校の同級生だった。

その先生が「お父さんは小学生のころ、絵が上手でしたよ」と話してくださった。

父は、古くなったカレンダーの絵を切り取り、額に入れて飾っていた。

絵が好きだったのだろう。本当は描きたかったのかもしれない。

二人で石川県の山代温泉へ2度行った。車で松戸から大津経由で山代へ。

2度目の旅から3カ月後の平成10年、病で亡くなった。直前まで仕事をしていた。

八坂神社へ挨拶に伺った際、父の手がけた建築物の話をしていただいた

。私は瀬田工業高校から大学へ進学したが、卒業式に父がこっそり来たことを、

後で姉から聞いた。嬉しかったのだろう。

私が絵を描き、個展を開催し、月刊新松戸の表紙絵を描いていると知ったら、

どう思うだろうか。今年、父が眠る近くのギャラリーで個展の開催を計画している。

教育と絵を描くDNAを財産として残してくれたことに感謝している。

 

こんどうけんいち●プロフィール
1950年滋賀県生まれ。同志社大学工学部卒業後、通信建設会社で通信設備の設計・施工、
ソフトウエア開発に携わる。その後、シニアコンサルタントとして情報セキュリティコン
サルティング会社に勤務。2011年から武田清蔵先生に師事。2018年10月初個展「旅行の
想い出の絵展」をギャラリー「風車」で開催。新松戸在住。

 

 

月刊新松戸2019年5月号(No.479) 目次

 

四季折々 皐月

想定外の日々かもね(34)久田 恵
人生のリアリティには勝てない

今月のまち情報 たて組

おだいじに(109)石井 秀幸
睡眠薬を長期間飲むのはよくない?

軽やかに生きる法則(122)小倉 克夫
「平成」から「令和」へ

不思議歳時記(447)流山児 祥
22年目のシアターRAKU、今年のGWは本多劇場&台湾公演です。

ホームドクターの健康相談室(196)三浦 聡雄
[診察問答]腹部エコーで転移癌を発見

こころの診察室(204)畑野 民栄
身体依存と精神依存

関さんの蔵通信(86)渡辺 尚志
江戸時代の村をめぐる親子の会話〈その6〉

シニアライフ考(38) 石坪 直樹
〈特別編〉「まちゼミ」講座にいらっしゃいませんか?

人のかたち/骨のはなし(6)村田 亮
野球肘 ゴルフ肘 テニス肘

この絵本、おススメです!(47)嶋田 小夜子

おもちゃの病院から(141)山田 唯司
泳げ! 亀くん

弁護士ノート(9)大原 浩史
東日本大震災の教訓

病院・クリニック(本誌協賛)大型連休診療案内

新松戸地図/協賛店からのお知らせ

暮らしの電話帳 広告協賛店一覧

Coffee Break(5)横田 尚己
エルサルバドル

求人/募集広告

「みんなのミュシャ」招待券プレゼント

読者の広場/松戸市のゴミ問題への私見―2 木澤 武司
第9回「バラの写真コンテスト」開催/詩「こながれの術で」東 恵子

漢方薬屋の漢方談義(最終回)横尾 洋
漢方薬の副作用と有用性

新松戸パークハウス写真クラブ(167)木村 英道
戸定邸庭園の桜

今月の俳句 短歌 川柳

こちら、新松戸パトロール隊!(17)池田 武司
地域のみんなで子供たちを守りましょう

今月のまち情報 よこ組

情報交換

編集室

今月の運勢(73)天道 象元