ブログ

体重曲線より上に…食事制限をしたほうが?

体重が成長曲線をはみ出しています。小さい頃からよく食べる子で、ご飯よりパンが好きです。食べ物が目の前にあると食べたがり、あげないとひっくり返って怒ります。甘いものはできるだけ気をつけてあげないようにしているのですが、もう少し食事制限をしたほうがよいでしょうか?(41歳主婦/3歳女児)

体重が成長曲線より上にはみ出しているとのことですが、身長はどうでしょうか?

身長も成長曲線の上の方にあり、体重とバランスが取れていれば、

太っているというより、大柄なお子さんと考えれば良いと思います。

身長が平均近くであれば太っていると考えられます。

年令を考えるとこれからますます成長していく時期ですから、

ダイエットはしないほうが良いと思います。

ご飯・パン・麺類などの炭水化物や肉・魚・卵などのたんぱく質、

野菜・果物などのビタミン類や牛乳などの乳製品など、

いろいろな栄養素を、バランスよく、必要な量をしっかり食べることが大事です。

甘いものはカロリーが高いので控えましょう。

ジュース、イオン飲料など糖分が入っている飲み物は与えないようにしましょう。

果物の糖分も思いのほか多いので、食べる量に注意しましょう。

お菓子類は特別な時だけ(たとえば日曜日のお楽しみとして)与えるようにしましょう。

なるべく決まった時間に食事を摂るようにして、規則正しい食生活を送りましょう。

食べ物を見ると食べたくなってしまいますので、

お子さんから見えない場所にしまっておきましょう。

また、体を動かすことも大切です。

お友達やお母さん、お父さんと、お外で思いっきり体を動かして遊びましょう。

★回答者……

DSC_9217小児科医師/小野元子先生
1949年生まれ。千葉大学医学部卒業。小児科医。千葉大学医学部付属病院・国保松戸市立病院・国立国府台病院(現独立行政法人国立国際医療研究センター国府台病院)・船橋市立医療センター勤務の後、1993年に小児外科医の夫と新松戸で「おのクリニック」開業。診察室での診療だけでなく学校医、保育所嘱託医などを通し地域医療に携わっている。日本小児科学会認定小児科専門医。松戸市医師会公衆衛生委員。松戸市小児科医会代表幹事。松戸市子ども子育て会議委員。

 

PAGETOP
Copyright © 別冊!月刊新松戸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.