■俳諧「奴凧」

鰯雲海から来たのか山で問う      佐藤 春生

支柱さき思案の目玉赤とんぼ      吉沢緋砂子

岩手山放牧チャグチャグ馬肥ゆる     鈴木 翠葉

かまきりの首をかしげるにらみあい   勝  太郎

いわし雲投網をかけてみたくなる    小林 今浬

度忘れの一字もどかし雨の月      松山 我風

曼珠沙華晴れても花に残る露      小檜山游生

■夏日俳句会          望月百代 選

ちぐはぐな話も佳かり月見豆   《選者吟》

鬼薊北海に雲低く垂れ         井川 美江

小鳥来る朝のベンチの老二人    井土絵理子

どの木にも幹に静けさ秋気澄む   太田 住子

学舎は丘の上なり紫苑咲く     岩下三香子

烏瓜の花に出会へり雨の宵     菊井 節子

相槌を打つ人と月今宵かな     河野 悦子

秋の蝶常の日さぐりさぐりかな   佐藤 弘子

秋草の謂れを熱く語る妻      佐藤 隆平

龍渕に潜む今夜はアヒージョよ   鈴木 るる

柿実りをり鈍色の屋根瓦      築  幸枝

秋気澄む旅の話もちらほらと    恒任 愛子

秋蝉のしきりなるかな不意に客   都丸れい子

鰯雲夢紡ぎけり車椅子       西岡千代子

産土は遠き日のまま秋澄めり    丸澤 孝子

女老ゆ蓮の実いくつも飛ばしては  渡邊 紀子

■短歌「合歓の会」    久々湊盈子 選

声そろえ園児が歌う「ふるさと」の文語に手もなく泣かされており             《選者詠》

雨止みて朝餉に向かふ束の間の耳朶に聞こゆる虫の音さやか        吉田 久枝

線状降水帯列島に居続く高志こしの八股の大蛇おろちのごとく       武井眞理子

願わくは平和でよい日を、しかれども年重ぬれば日々に追わるる      田中 秀子

ふく風に秋の気配の心地よくウオーキング目標五千歩とする        川上 頼枝

金木犀散りしく朝あした踏みゆけば惜別のごとはつかに香る        木村 博子

■川柳「暁子の会」        米島暁子 選

美しい夕陽に嫉妬してしまう     《選者吟》

あっぱれな母の生き様すがすがし   藤田みゆき

けんか後好物添えてきげんとる    石井 高子

散りばめるコロナはどこへ冬の空   神保 伸子

星を見て恋にやつれた若き日々    吉田 英雄

逆らった今は何でもハイハイと    中津 和子

おろし添え高値のさんま舌鼓     箱崎とし子

のびのびと人生泳ぐ自由形      正木ふう子

幼子がのびのび描くクレヨン画    髙橋 和男

一途な愛歳の差の壁超えてゆく    花島 和則

おおらかに自由に暮らす今が好き   血矢 行男

■つれづれ句会 ― 投句 ―

子等寄らぬお盆三日の送り火や

この街の川土手燃やし曼珠沙華     三 島

 

ぼろぼろの松茸ごはん亡妻ツマ恋こひふ  

絵はがき抜け出たような秋の空       申

 

ゆるやかにうねる小径に萩の花うす紫に私を染める

いも蔓がハーブ畑を占拠中試しに植えたお芋のしっぽ   風知草

 

願い込めアマビエ描き友に出す

コロナ禍で始めたの糠漬け箸すすむ     す ず

 

秋うらら犬も流行の服らしき

秋燈火寄って久しき立話          波

 

曼珠沙華輝きていゐ同期生        火 山

虫の音や静寂戻り虚空あり           一 憲

フロントに富士冠雪を迫り来て         美 公

稲刈りやザクザクザクと鎌軽し         敬 直

アフガンのみろく菩薩展見し秋彼岸     光 子

蔓防の寂しき街も夜長月          紀 行

薄紅葉濡るる参道石畳           かおる

晩酌の手を止めて観る今日の月       義 明

草地より歩く先々ばった飛ぶ        善 彦

竹伐って光まぶしき幸田湧水        ちか子

杖つきて出る右足や鰯雲          恵美子

 

音しそう銀波たおやかすすき原

糸萩の根こそぎ折れる夜半の雨      輝

 

漂いてもの言いたげな黒揚羽       

澄む月のほどく近し虫の声          ユ ニ

フルーツの旬で四季知るあの時代

眉月と金星寄り添ひ世を照らす     卯 月

 

古希迎え秋空のもと古巣去る         いぶりがっこ

休日に窓から薫るや金木犀       かもめ

 

秋刀魚なく迷うすだちは湯豆腐に

アルバムの笑顔の母とななかまど    かすみ

 

新蕎麦と聞きて落語に落ち探す

満月やシールド越しにおぼろなる    鳴 砂

 

三日月の遥か下を瞬きて過ぎる機影は旅行く星か

死ぬるとは生への道と語りし叔母逝きて七年何処に生まれし  一 蝉 

柿喰へば思はぬ程の堅さかな

思い出したパンダのニュース行きたいな     眞 美

 

ネクタイは葬儀以外に用がない

横審の品格の前ルール見直せ        沖 阿