◆俳諧「奴凧」

涸沢や穂高を彩る紅葉かな            佐藤 春生

明け方は背のまるくなり冬近し          吉沢緋砂子

もののけの如きに白い帰り花           鈴木 翠葉

踏まれても鮮やかな紅もみじかな         勝  太郎

深呼吸万物抱いて山眠る             小林 今浬

一抜けて二抜けて子等の秋の暮          松山 我風

村紅葉老舗味噌屋の道祖神            江戸川西邨

峰の墓地会津の栗の実風に散る          小檜山游生

 

◆夏日俳句会                 望月百代 選

子の頃と同じ夢見る風邪の床         《選者吟》

枯蟷螂無人の駅を見張りけり           井土絵理子

冬ぬくし百人町抜け波郷展            岩下三香子

秋澄むや蛇行の河も空の色            太田 住子

文化の日精進の日々叙勲さる           菊井 節子

石蕗の花頬の乾ける日なりけり          河野 悦子

冬紅葉一つ二つの物忘れ             築  幸枝

小春日や繊維問屋に布地見て           都丸れい子

水鳥や雨に片寄る沼の端             佐藤 弘子

育ててはならぬ怒りよ鵙の天           鈴木 るる

冬の蝶失せものさがす如くなり          西岡千代子

小春日や夫腹時計確とあり            間部美智子

遥かより冬連れてくる海の色           丸澤 孝子

秋寂びぬ素焼きの鉢の置き所           吉田恵美子

神無月運転免許返上す              米倉 典子

かりんの実考えすぎて身の重く          渡邊 紀子

 

 

 

 

 

 

 

 

◆短歌「合歓の会」                          久々湊盈子 選

胸分けに牡鹿(おじか)がゆきしか白萩のこぼれて秋は人恋う季節     《選者詠》

台風は忖度せしか十九号千葉県直撃避けてゆきたり           久保田和子

列島の台風被害にうかびくる温暖化を衝く少女のなみだ         川上 頼枝

しもぶくれの福々しさに見惚れたり宿儺(すくな)南瓜(かぼちゃ)のはだえ滑らか     光田美保子

積年のうっぷん今日は晴らししに何ゆえむなし夜を眠れず        田代 鈴江

虫の音が上達するころ熱燗に替える習いを虫は知らない         羽毛田さえ子

 

◆川柳「暁子の会」             米島暁子 選

ふる里の風私を毬にする          《選者吟》

旨いもの食べて浮世はパラダイス       花島 和則

階段の手すりに命預けてる          正木ふう子

芋煮会みんな笑顔で秋を食う         中山 秋安

指先を元気に使いボケ防止          花嶋 純代

食べるのも寝るのも一人恙無(つつがな)い  板橋 芳子

被災地に手を差し伸べる義援金              血矢 行男

ダイエット体重減ってシワ増える             寺澤 秀典

むず痒い手がとどかない背中越し       長谷川和好

朝採りの命もらってはじまる日        野崎 成美

 

◆つれづれ句会 ― 投句 ―

煩悩を吸ひて尚澄む宵の月

昼の月仰げば高し鳶一羽              春 水

 

夕星のひかりそめたる落葉籠(おちばかご)

立冬やあすは遠出の旅リュック           清水 茂

 

雪被(かず)き夕映富士や柿の秋

氏神の煤掃(すすはき)らしき大焚火         三 島

 

蔦紅葉彩(いろ)と香りと友の顔

秋深み夕げの膳にも香り増し            桔 葉

 

陽を背に大型トラック疾走す            八 雲

 

初雪のほどに塩浴ぶ冬菜かな

ふたつみつやりのこしてや冬籠            緑

 

矢車草好きな友逝くまだ七十

悲しいとただ黙然と毛糸編む            す ず

 

紅葉狩り心は京へ旅をする

冷える夜里芋ゆっくりこっくりと          かすみ

 

毛糸玉姉の残せし糸色いろ

干大根筵に夕日あたりけり               波

 

トンボ追ふ母子(おやこ)にやさし野辺の風       光 子

大好きな秋刀魚いまだ口にせず            火 山

幼な児や髪の簪(かんざし)野菊かな          美 公

名月を振り返りては道急ぐ              善 彦

朝日受く金波銀波(きんぱぎんぱ)の利根すすき     かおる

老いてなお我れ此処にあり枯れ尾花          一 憲

中天に栗名月の輝けり                敬 直

草原を荒海にする野分かな              義 明

知りつくす二人の肩に十三夜             恵美子

文化の日自由と平和愛してる             孝 正

台風一過西は夕焼け東は満月             ちか子

 

 

 

秋晴れや家事に追われし一日(ひとひ)なり

すずなりの柿を啄む鳥一羽                  卯 月

 

一年は早きものかな師走かな

穏やかな空の様な日々寒つばき                       眞 美

 

触れし手は離すものかと蔦紅葉

高見から鵙(もず)睥睨の棚田かな               鳴 砂

 

遠き友同じ空眺め願い事                   かもめ

久方の故郷の島峠よりアスファルトの道白々と海へ

幼き日の吾子の思い出老いし日々宝となりて母を和ます     一 蝉

 

古民家の板窓アーチ蔦もみぢ

蔦もみぢ梯子に絡みアーチ窓                  輝

 

張り満つる霜月の葱子と讃う                 ユ ニ

 

孫の気をGETするためポケモンジジイ

縁起とか何でもありのおせち模様               柚子丸

 

若者は戦後も昭和も歴史なる

キャッシュレス暗算しない脳ボケる              沖 阿