◆俳諧「奴凧」

 

岩間より染み出る水に紅葉映え         佐藤 春生

不揃いの畝も悦なり大根蒔く          吉沢緋砂子

枯蓮や古代戦(いくさ)の絵のごとし       鈴木 翠葉

生き過ぎもいいよと日々を秋日和        島村小夜子

大菊の簪(かんざし)揺れる二本松        天立 美子

うろこ雲頭上覆ひてひろがりぬ         勝  太郎

湯煙りを浴びて色づく野菊かな         平井喜美子

冬銀河鼻つき抜ける深呼吸           小林 今浬

ありし日の秋の吟行崋山詠む          小檜山游生

秋耕のよろこびに鍬光り出す          湯浅 辰美

 

◆夏日俳句会                 望月百代選

 

はつふゆの干菓子に亀甲模様かな        《選者吟》

青竹の手すり太しよ菊花展           岩下三香子

浮世絵のごと錦秋の我が街よ          太田 住子

合歓の花猫の欠伸の長きこと          小川トシ江

運慶の像のまなざし水澄めり          長木 和代

暮れ方や名店灯す温め酒            菊井 節子

よく笑ふ赤子よ勤労感謝の日          北原 弘子

道に迷ひ踵の寒さひきずれり          河野 悦子

百幹の竹の奔放寺小春             古在 路子

朝顔の種採る椅子の定まらず          佐藤 弘子

誰も彼も秋薔薇ほめて風ほめて         鈴木 るる

切干やほどほどと言ふ加減あり         築  幸枝

野仏の揃ひ踏みらし野分かな          恒任 愛子

黄落や路上ライブの中にをり          都丸れい子

表札の半分隠れ夜の紅葉            西岡千代子

茶が咲くや農の証の境界線           間部美智子

砂時計かそけき音よ山眠る           梁原 善子

峰雲に抱かれ紅葉の磐梯山           吉田恵美子

思ひがけぬ人に出合ふや帰り花         米倉 典子

雨脚の波にのまるる酢牡蠣かな         渡辺 紀子

 

 

◆短歌「合歓の会」                         久々湊盈子選

 

だれも未遂の死を保有しておるなれどさびし秋夜に聴くノクターン         《選者詠》

うっかりと万歩計つけて寝てしまい夢の中でも歩きいるわたし      鈴木 暎子

百日紅は咲いていたのか大人のなかに座って聞いた終戦勅語       鈴木扶美江

北海道新聞お悔やみ欄にくるまれてニセコ男爵お出で召されぬ      田口 光子

紅葉せる彼方より黄泉の君が打つテニスコートのラリーが聞こゆ     石田みのり

鶴岡の桜紅葉はあかあかと街を照らせりここは海坂           松田 富栄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆川柳「暁子の会」               米島暁子選

 

夢ひとつ冷凍保存して至福          《選者吟》

車椅子押す人乗る人共白髪           板橋 芳子

老夫婦労わりながら寺巡り           桶谷 康子

四世代揃い記念のハイポーズ          福家 昭恵

老夫婦ほのぼのとした日向ぼこ         鈴木 綾子

じじばばはすねをかじられでも太る       中津 和子

お金はね羽があるからまわってる        松竹 妙子

お金より私やっぱり愛が好き          中田テル子

ドラマでもハッピーエンドほっとする     斎藤 チカ

 

 

 

◆つれづれ句会 ― 投句 ―

 

悠長に日数重ねて冬迎ふ

障子貼る苦労の甲斐の光さす           稲 子

 

枯れ落葉踏みつ爽やかな音を聞く

木漏れ日の斑(まだら)を急ぐ蝸牛(かたつむり)   春 水

 

夕暮れのヒスイの町に玉霰

宛名だけせめて手書きの賀状書く         とにお

 

ボート漕ぐ榛名湖畔の紅葉かな

伊香保の湯紅葉に染まる旅衣           三 島

 

柿の実が真っ赤だ真っ赤夕日色

姫林檎掌に二つ楽しいね             眞 美

 

冬近し母の煮物が懐かしい

色づいた菊を摘む手に夕げの膳          かもめ

霜降や嬉しき夢に寝過ごせり           火 山

雪隠に届く鐘の音霜柱              美 公

書初の踊る字ほめる爺と婆            敬 直

仲秋の月にのぼるや観覧車            光 子

舌端(ぜったん)に痛み走りて秋は来ぬ       ちか子

霜の朝卒寿の母の手を引いて           かおる

うす紅を指した葉先に霜がおり          ひろこ

天高しラクダをつれて砂漠行き          孝 正

黙々と捩る親父の注連作り              恵美子

元旦や朝常なれど気は新た              善 彦

 

冬日和スマホに追われ陽も落ちて

黄落の林つかの間峰白し             桔 葉

 

浅草に友ありき病む酉の市

なにもかも笑いとばして年暮るる         清水茂

 

朝霧や無の境地にて孤に浸る

日々変わる心の動き秋の空            卯 月

 

習い性乾布摩擦や冬日和

天を突く峨々たる岩の雪笑窪           鳴 砂

七階のベランダの柿見上げおる

仕事おき出掛けんとする秋澄みて         かすみ

 

枯葉舞ふ駆けくる仔犬抱き上げぬ

わだかまり鏡によぎる秋の虹           手 毬

 

そばの路白花ちそう武甲山

幟立つそば街道にだしにほう            輝

 

しがらみと温故知新は似て非だよ

安普請耐用年数疑問だよ(続投内閣)       沖 阿