◆俳諧「奴凧」

凍滝を登る猛者有り奥久慈路       佐藤 春生

如月や師と呼ぶひとの忌に想う      吉沢緋砂子

てらてらと御神酒いただくどんど焼き

鈴木 翠葉

湯豆腐や根津の坂道細雪         島村小夜子

寒風に耐えて旨味の丸太干し       天立 美子

かぶら漬けひれ酒熱きをなだめおり    勝  太郎

湯豆腐に残り野菜やこれも愛       平井喜美子

心待ち湯豆腐仕度銘酒有り        小林 今浬

ふと気付く日毎に青む田圃道       湯浅 辰美

蝋梅の香りに目覚め寒の朝        小檜山游生

 

◆夏日俳句会                 望月百代選

鬼打ちて厨に亡母の匂ひあり    《選者吟》

雪かきに手ぶらで出たる男かな      岩下三香子

綿虫や赦せぬ人を赦す気に        大石 洋子

豆撒くも拾ふも一人福は内        太田 住子

白梅やアイロンかけの好きな父      長木 和代

先輩の落とす言の葉拾うて春      菊井 節子

童謡に乗りて体操寒明けり         北原 弘子

梅だよりを医師と話してゐたりけり     河野 悦子

寺裏の小声洩れくる藪柑子         古在 路子

風花やドアに小さき明り取り        佐藤 弘子

寒菫歩けば心温もれり           島田富美子

春遅々と声出して読む謂れ書        鈴木 るる

春めくや仏に著き手相あり         築  幸枝

辞書を繰る指なめらかに四温かな      恒任 愛子

氷柱長し娘の一言の胸を打つ        都丸れい子

如月の風が風追ふ橋の上          西岡千代子

檀家騒動よそめに高きこぶしの芽      間部美智子

日の暮を忘れてゐたり春の雪        丸澤 孝子

積み肥の湯気昇りたる四温光        吉田恵美子

春寒や傷の絶えない指の先         米倉 典子

臥す母の窓辺明るきヒヤシンス       渡辺 紀子

 

◆短歌「合歓の会」                   久々湊盈子選

手もと不如意、足もと不如意の雪の日は

極暖タイツ着こんで歩く                《選者詠》

ゴールデングローブ賞授賞式会場おみならの

ドレス耀く怒りの黒に                    本田 幸世

口説くのは罪となるのかこれの世に

清く正しく生きるさびしさ             恩田 てる

ユージン・スミスの妥協許さぬ白黒に

焼かれし「水俣」今も訴ふ               吉田 久枝

大霜にこごえる枯葉に潜みいて

蟾蜍(ひきがえる)一匹この冬も生く   中川 尚美

点滴の九十分から放たれて

夕陽の中にわが影長し         飯島 和子

 

 

 

 

 

 

 

 

◆川柳「暁子の会」                米島暁子選

平凡な日々へ感謝の絵ローソク    《選者吟》

酒好きにゃこたえられない祝い事     血矢 行男

跡継ぎを育ててつなぐいい仕事      前川 育子

植樹する緑の大地還るまで        花島 和則

嬉しさと祝いの酒に酔い痴れる      長谷川和好

子八人明治の母は強かった        花嶋 義男

孫達のそれぞれの道さくら咲く      板橋 芳子

厳選し育んで来た豚うまい        花嶋 純代

お祝いを上げて円満嫁姑         鈴木 綾子

 

◆つれづれ句会 ― 投句 ―

雪催ひほころぶ梅の気になりて

青白く吾を招くや冬の月       春 水

 

啓蟄や歩み始めた稚児の今日

俎に刃先すべらす桜鯛         波

 

節分や座敷童子も仲間入り

バレンタイン小匙一杯の愛を入れ   手 毬

 

雪被(かず)き埋(うず)み火の如寒椿

声ひそめ外に追儺の豆を撒く     三 島

 

雪降りてかの地も雪か身を思う

夕暮れ音なき雪の薄明かり       剋

 

しおらしきことばにはずむお年玉   火 山

実万両ひよどり一声駆け抜ける    美 公

老梅に生命の証し二つ三つ      敬 直

釈迦三尊おわす金堂冬の梅      光 子

冬の服酒場メニューと並びけり    かおる

綿入れを羽織れば浮かぶ母の影    ひろこ

細雪傘さし下駄はき出てにけり    孝 正

句作して寒満月に吸い込まる       ちか子

国の春思い散る人に黙祷す        善 彦

頑固さは昔となりぬちゃんちゃんこ  恵美子

 

老いても歩く楽しさや七福神

くちづける初雪あまく恋する身    清水茂

 

ろう梅の香り漂う春暦

日差しさす眺める空に目が覚める   かもめ

 

初孫を得ては余寒を気にもして

のっそりと大欠伸して孕み鹿     鳴 砂

 

旅籠辻行方かすめて湯のかほり

もや晴れて足下にこぼれ実南天     輝

 

寒風に椿ほころぶ笑顔かな

隔年ごとサボテン咲きて亡母の訪ふ  卯 月

今日ひと日余寒味わう友ありて

衣手にまれなる月食名残り雪     桔 葉

 

おしるこを作りて立春暖まり

薄氷パリンと朝に音ささり      かすみ

 

柵あれど土手に並んだ土筆坊     眞 美

 

春雪を踏みしみ駅へ急ぐ朝

桜餅つぶ餡派対こし餡派       とにお

 

報道も3日坊主のメタボ症

何かヘン息子アルマーニ俺青木    沖 阿