表紙の絵と文/近藤 賢一

 

旅先での出会い(北海道編)

2015年6月、東北・北海道の旅。仙台、中尊寺、横手、角館、盛岡、十和田湖、

弘前、青森、フェリーで函館、札幌、小樽、夕張、富良野、旭川、稚内、

フェリーで礼文・利尻、フェリーで稚内に戻り、宗谷、サロマ湖、知床、釧路、トマム、

苫小牧、太平洋フェリーで仙台、石巻(震災復興シンボルの1964年東京五輪の聖火台)へ。

走行距離は3800㎞であった。

現地のみ販売の活裂焼烏賊を求め大沼公園へ。しかし14時の閉店。

隣の店の方(かつて市川市に住んでおられた)が「事情を話すと売ってくれるかも」と。

無事買うことができ、函館のホテルで夜景を眺めながら味わった。

小樽では、連泊中の札幌のホテルに愛用のカメラを忘れ、

使い捨てカメラを買おうと探したが見つからない。

人力車のお兄さんが店を探し買うことができた。

そのお兄さん、船橋市出身であった。お礼に、妻と人力車に初めて乗る。

後日、人力車を描き、絵手紙を送る。

利尻では、ホテル側のミスで予約が取れていなかった。

ネット社会で敏感になられていたのか、

源泉かけ流しの島内一のホテルを紹介して、フェリー出港時には

たくさん土産を持参して見送りに来られた。

次の宿泊地稚内ではスイートルームへ案内された。

旅行会社に行程を確認されたのか、楽しく旅行を続けることができ、

後日、お礼の絵手紙を送る。旅先で出会った感謝のエピソードです。

北海道の雄大で美しい景色に触れ、絵のモチーフ取材の旅でもあった。

こんどうけんいち●プロフィール
1950年滋賀県生まれ。同志社大学工学部卒業後、通信建設会社で通信設備の設計・施工、
ソフトウエア開発に携わる。その後、シニアコンサルタントとして情報セキュリティコン
サルティング会社に勤務。2011年から武田清蔵先生に師事。2018年10月初個展「旅行の
想い出の絵展」をギャラリー「風車」で開催。新松戸在住。

月刊新松戸2019年8月号(No.482) 目次

四季折々 葉月

想定外の日々かもね(37)久田 恵
人生はまだまだ油断ならないのかも…

今月のまち情報 たて組

弁護士ノート(12)國分 玲名
離婚とお金の問題について〈その2〉

おだいじに(112)石井 秀幸
子供にイライラ…どうすれば?

軽やかに生きる法則(125)小倉 克夫
サードライフ

ホームドクターの健康相談室(199)栄原 智文
[診察問答]屋内での熱中症を予防しよう

こころの診察室(207)畑野 民栄
暴力について

ペルシャ歴史紀行(その1)三浦 聡雄
テヘランからコム、カシャーン、イスファハンへ

関さんの蔵通信(89)高野 正志
公事方御定書について

シニアライフ考(41) 谷山 隆浩
和式の暮らしをサポートする手すり

人のかたち/骨のはなし(9)村田 亮
夏といえば…花火にビール+痛風?!

協賛店からのお知らせ

Coffee Break(8)横田 尚己
パナマ

新松戸地図

暮らしの電話帳 広告協賛店一覧

まつどリサイクル通信 出張版 ごみ問題を考える(2)
松戸市役所 環境部廃棄物対策課

求人/募集広告

不思議彩時記(450)流山児 祥
低國は変わるか? 酷暑の嘉義でフィールドワーク まずは、落花生の皮むきから

この絵本、おススメです!(50)嶋田 小夜子

おもちゃの病院から(144)吉田 徳三
シャボン玉おじさん

印象派からその先へ 世界に誇る 吉野石膏コレクション展
招待券プレゼント

読者の広場/詩「夏草の駅」東 恵子

新松戸パークハウス写真クラブ(170)
わたしの視点 新松戸まつり編

今月の俳句 短歌 川柳

こちら、新松戸パトロール隊!(20)池田 武司
家族の絆で「電話de 詐欺」撲滅!

今月のまち情報 よこ組

情報交換

編集室

今月の運勢(76)天道 象元