◆俳諧「奴凧」

白銀の赤城男体初景色          佐藤 春生

つれだって三ヶ所めぐる初詣       吉沢緋砂子

小太鼓のすこし遅れる里神楽       鈴木 翠葉

初詣みくじ結ぶや車椅子         島村小夜子

寒椿紅をぬる手に重ねたり        天立 美子

風花や袖口に付きふと消えぬ       勝  太郎

落陽や賀状来ぬ人案じけり        平井喜美子

逢える時身を切る風もあたたかく     小林 今浬

眼に見えるもの皆新たお正月       湯浅 辰美

朝市や雪に並べる塩わらび        小檜山游生

 

◆夏日俳句会              望月百代選

風花や眉細かりし占ひ師       《選者吟》

二の次の自愛を胸に去年今年       岩下三香子

雑煮祝ふ星形に切る京人参        大石 洋子

風花や青天井のいづくより        太田 住子

気がつけば樹々もバンザイ初日の出    長木 和代

括られて白さ艶めく冬の菊        菊井 節子

鍋焼うどんふと亡夫を待つ心地       北原 弘子

松過ぎや亭主の好きなおぜんざい     河野 悦子

道なりに行けば山門寒椿         古在 路子

日脚伸ぶ川灯台のなまこ壁        島田富美子

五日はや大川薄き日を乗せて       佐藤 弘子

蠟梅や雲映り込む佃堀          鈴木 るる

街川に波一つ無き今朝の春       築  幸枝

欄干に猫うずくまる小春かな       恒任 愛子

みどり児の片言たのし冬うらら      都丸れい子

冬銀河好きな言葉のありがたう      西岡千代子

先づ夫の通院通所初暦          間部美智子

一月や風をおそれぬ樟の幣        丸澤 孝子

受験子よ君には君のこころざし      吉田恵美子

『西郷どん』の茶の間賑はす今年かな   米倉 典子

強がりの老いの噛みゐる海鼠かな   渡辺 紀子

 

◆短歌「合歓の会」         久々湊盈子選

憂いなく水を飲み憂いなく息を吸い人権という

を時に考える            《選者詠》

初春の白き障子に水仙の冴えて

米寿の年となりたり         石田みのり

風呂場より夫の鼻唄聞こえくる

今宵の締めはおはこの「古城」    羽毛田さえ子

「寅さん」の渥美清がふと見せる

細き眼の内のするどさ        田口 光子

来る年が見えるやうにガラスを磨きたり

三日経てども誰も気づかず      津田ひろ子

菊も枯れ華やぎのなき冬の庭

われがいるよと枇杷が花持つ     立神 幸彦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆川柳「暁子の会」            米島暁子選

成人の子らが眩しいツーショット   《選者吟》

おいしいわ夫の料理ほめまくる    箱崎とし子

スローでも私流儀で歩いてく       菅野 イエ

下手な絵を個性的ねとほめちぎる     佐々木幸紀

お世辞抜き本音で語る友が好き      石井 高子

すり足が度合いを決める足老化      水上 潤子

褒められてその気になってやる気出す  神保 伸子

祝い酒我が世の春と千鳥足        吉田 英雄

 

 

◆つれづれ句会 ― 投句 ―

晴れわたる空に銀翼(ぎんよく)初御空

余生又山河有りけり年あらた     稲 子

 

小春日を日蔭に届ける池の水

かじかんだ皺の寄る手を温め合ひ   春 水

 

思わずや師からの賀状懐かしく

早朝に冷たい風が肌を刺す      かもめ

 

はとバスの窓流るるイブの街

大空清し富士青し初日かな      清水茂

 

三の酉句友に出会い酒肆(しゅし)に入る

テレビ今雪の信濃の除夜の鐘     三 島

 

働きもせぬに気忙し師走かな     火 山

雪中花凛と佇むただ二輪       美 公

熱燗やひざに猫のせひとり酒     敬 直

極月の街を往き交うバイク便     ちか子

アメ横のだみ声翔る師走かな     かおる

LED星と競演師走の夜        ひろこ

蝶になり震へていたり冬の菊     孝 正

脚立かけ女ひとりの歳の暮        恵美子

年の内故郷の寺に喜捨少し        光 子

妻の手で育てし千両床の間に     善 彦

 

梅咲いて瞬きほどの香りかな

頷くも言葉の一つ盆の梅       手 毬

 

春時雨遣らずの雨と女将言う

ほろ酔いで濡れて帰ろう春時雨    とにお

 

舞い上がる北風花びら椿かな

雲ひとつない空ヒコーキ雲がゆく   かすみ

 

初釜や結び柳に願ひごと

冬天に四角確かなオリオン座     鳴 砂

 

初時雨木々の垣間にくもる月

雪の路鮮やかすぎる深紅の実      輝

 

冬休み髭伸びた子の寝息かな     眞 美

 

年明くる時刻むごとの和の祈り

参道の列長々と初詣         卯 月

 

初競や今年もマグロのひとり占め

山茶花や匂ひてときめく若気かな   桔 葉

 

寸芸がTV番組劣化させ

各界で暴力沙汰が無くならない    沖 阿